CS初ノーノー達成の菅野 原監督の再登板で損する数十億円

公開日:

 巨人のエースが史上初の快挙である。

 14日、ヤクルトとのCSファーストステージに先発した菅野智之(29)がノーヒットノーラン。七回2死から山田に四球を与えたものの、許した走者はこの1人だけだった。打者28人に113球。ポストシーズン史上初となる大記録を達成し、チームを17日から始まるセ・リーグ覇者・広島とのファイナルステージへ導いた。

 菅野は「六回くらいから意識した。途中から完全に狙っていた。四球はもったいなかったけど、満足している」と白い歯を見せれば、退任が決まっている高橋由伸監督(43)も「この終盤に来ての投球は凄い」と最敬礼である。

 今季は15勝8敗、防御率2.14、200奪三振で最多勝、最優秀防御率、最多奪三振の3冠。10完投、8完封、投球回数202回、無四球試合4回など、投手部門で軒並み1位の成績を残した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  6. 6

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  7. 7

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    上田慎一郎監督が語る 10年前の小説から「カメ止め」まで

  10. 10

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

もっと見る