CS初ノーノー達成の菅野 原監督の再登板で損する数十億円

公開日:

 巨人のエースが史上初の快挙である。

 14日、ヤクルトとのCSファーストステージに先発した菅野智之(29)がノーヒットノーラン。七回2死から山田に四球を与えたものの、許した走者はこの1人だけだった。打者28人に113球。ポストシーズン史上初となる大記録を達成し、チームを17日から始まるセ・リーグ覇者・広島とのファイナルステージへ導いた。

 菅野は「六回くらいから意識した。途中から完全に狙っていた。四球はもったいなかったけど、満足している」と白い歯を見せれば、退任が決まっている高橋由伸監督(43)も「この終盤に来ての投球は凄い」と最敬礼である。

 今季は15勝8敗、防御率2.14、200奪三振で最多勝、最優秀防御率、最多奪三振の3冠。10完投、8完封、投球回数202回、無四球試合4回など、投手部門で軒並み1位の成績を残した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  6. 6

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    奇妙な縁が結んだ梅宮辰夫とロバート秋山の幸福な関係

  10. 10

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

もっと見る