吉田輝星プロ表明も巨人は指名回避か 原新監督で不透明に

公開日: 更新日:

 今夏の甲子園準優勝投手で金足農(秋田)の152キロ右腕・吉田輝星が10日、秋田市内の同校で会見に臨み、プロ志望を表明した。

 甲子園終了後に好きな球団を問われた際、「巨人が好き。行きたいです」と発言。この日もそれを聞かれたが、「プロの世界に入れるのであれば、チームは関係なく、どの球団に行っても努力していきたい」と12球団OKの姿勢を示した。

 当初は北東北大学リーグの八戸学院大(青森)に進学予定だったが、夏の甲子園の活躍などで心境が変化。国体終了後の今月4日、大学側に断りを入れたという。

 この日、正式にプロ志望届を提出したことで、各球団はドラフト戦略の再考を迫られることになる。注目されるのは、吉田に「好き」と“逆指名”された巨人の動向だ。

 巨人は9月末の段階で吉田を1位指名することで一本化。日刊ゲンダイの取材に鹿取GMも「そのつもりです」と認めていた。それが、ここにきて大阪桐蔭の根尾昂が最有力に浮上。「高橋由伸監督の今季限りでの辞任が発表された2日後のスカウト会議でひっくり返った。次期監督の原さんの意向でしょう」と、球界関係者がこう明かす。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  2. 2

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  3. 3

    上沼恵美子は「そうそう」と笑顔の次の瞬間「黙っとれ!」

  4. 4

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  5. 5

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    小池知事が安倍政権にケンカ売る「Go To」狙い撃ちの計算

  8. 7

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  9. 8

    木下優樹菜 引退後の人生行路は波高し 事務所もサジ投げた

  10. 9

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  11. 10

    元ヤン木下優樹菜の更生を“全方位”で支える藤本の献身ぶり

もっと見る