レ軍勝利投手イオバルディ スプリットは元同僚マー君直伝

公開日: 更新日:

 ヤンキースでローテーションを担っていた右腕が、今では宿敵のエース格である。

 16日(日本時間17日)のア・リーグ優勝決定シリーズ第3戦(ヒューストン)に登板、6回2失点と好投し勝利投手となったレッドソックスのネーサン・イオバルディ(28)のことだ。

 このイオバルディはヤンキースに加入した15年にローテーションに定着し、チームトップの14勝(3敗)をマーク。9月上旬に故障で離脱するまで安定した働きを見せたのは、同僚だった田中将大(29)の存在が大きかったという。

 田中の持ち球であるスライダー、スプリットを間近で見て、触発されたのだろう。自分の球種に加えて投球の幅を広げるため、田中からスプリットの握りやリリースポイントの指導を受けた。ヤンキース移籍後に、結果を残すようになったのは、田中直伝のスプリットをマスターしたことも大きかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  7. 7

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

  8. 8

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  9. 9

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  10. 10

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

もっと見る