エンゼルス監督候補に“筆記試験” 二刀流への理解見極める

公開日: 更新日:

 エンゼルスの次期監督に全米の注目が集まっている。

 チーム公式サイトによれば、今季限りで勇退したマイク・ソーシア監督の後任に、タイガース前監督のブラッド・オースマスGM補佐、エリック・チャベス3A監督ら、7人が候補に挙がっているという。

 今オフはエ軍以外にも、レンジャーズ、ツインズら6球団の監督が空席になっている。レンジャーズの地元紙「ダラス・モーニングニュース」のエバン・グラント記者によれば、最も早く空席が埋まりそうなのはエ軍だ。メジャーを代表する長距離砲のトラウト、二刀流の大谷がいることから「早期のチーム再建が見込める」ためだ。同記者は、「エ軍の監督候補者たちは誰もが、すでに2度のMVPを受賞しているトラウト、今季の新人王候補である大谷の2人がいるチームを率いたいはずだ」としている。

 確かに、監督候補者であれば、トラウト、大谷の才能あふれる2人のいるチームで指揮を執りたいだろう。チーム再建を図り、大谷の二刀流が成功すれば、監督としての名声が高まるからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    池袋を暴走し母娘の命を奪った元通産官僚「記念館」の真偽

  2. 2

    安倍政権GW外遊ラッシュ 13閣僚“海外旅行”に血税5億の衝撃

  3. 3

    吉高「定時で」も視聴率上昇 TBS火曜22時ドラマに“仕掛け”

  4. 4

    応援演説にブーイング 杉田水脈議員が「自ら招いた危険」

  5. 5

    飯島直子は自分のアソコに水着の上からポラで割れ目を…

  6. 6

    立憲民主“三重苦”で…野党結集へ態度一変した枝野氏の焦り

  7. 7

    宇多田ヒカル 時代問わない別次元の才能と“人間活動”で…

  8. 8

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

  9. 9

    GW歴史的10連休でどうなる 身の回りで気になる8つの疑問

  10. 10

    「集団左遷」初回13.8%も…福山雅治“顔芸”への違和感

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る