エンゼルス監督候補に“筆記試験” 二刀流への理解見極める

公開日:

 エンゼルスの次期監督に全米の注目が集まっている。

 チーム公式サイトによれば、今季限りで勇退したマイク・ソーシア監督の後任に、タイガース前監督のブラッド・オースマスGM補佐、エリック・チャベス3A監督ら、7人が候補に挙がっているという。

 今オフはエ軍以外にも、レンジャーズ、ツインズら6球団の監督が空席になっている。レンジャーズの地元紙「ダラス・モーニングニュース」のエバン・グラント記者によれば、最も早く空席が埋まりそうなのはエ軍だ。メジャーを代表する長距離砲のトラウト、二刀流の大谷がいることから「早期のチーム再建が見込める」ためだ。同記者は、「エ軍の監督候補者たちは誰もが、すでに2度のMVPを受賞しているトラウト、今季の新人王候補である大谷の2人がいるチームを率いたいはずだ」としている。

 確かに、監督候補者であれば、トラウト、大谷の才能あふれる2人のいるチームで指揮を執りたいだろう。チーム再建を図り、大谷の二刀流が成功すれば、監督としての名声が高まるからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  4. 4

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る