唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

公開日: 更新日:

 広島は12球団で唯一、「トラックマン」という弾道測定器を導入していない。

 トラックマンは、投手ならスピードや回転数など、打者に関しては飛距離や打球の角度など40種類ほどのデータを計測、収集できる。メジャーでは全30球団が導入しており、日本でも楽天を皮切りに、中日などが今年から取り入れ、巨人は「データ分析室」を設置、阪神も特別チームを立ち上げた。

「トラックマンのデータは分析会社が一括管理し、導入している球団はデータを共有している。さらに、各選手の傾向と対策を分析会社から購入できる。例えば『○○投手は、ストレートとスライダーは同じ球筋だから見極めづらい』といった寸評がついてくる。これがペーパー1枚当たり1万~2万円するとか。広島はトラックマンと似たデータを計測できる『ラプソード』を導入しているものの、他球団の情報は独自に収集しなければならない。情報戦では不利になるはずなんですが……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    片山杜秀氏 日本は“束ねられる”ファシズム化が進んでいる

  2. 2

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

  3. 3

    人気定着だから見えてきた カーシェアの「残念な点」3つ

  4. 4

    巨人菅野の深刻一発病なぜ? 本人や相手打者ら8人に総直撃

  5. 5

    シーズン中に異例の発表 G上原を引退に追い込んだ球威不足

  6. 6

    レオパレス21も標的 旧村上ファンド系が次に狙う会社は?

  7. 7

    “ヨン様そっくり”ぺよん潤 芸人仕事と兼ねる意外な副業

  8. 8

    嫌われアナ1位に浮上 テレ朝・弘中綾香アナ“鋼のメンタル”

  9. 9

    トランプが千秋楽観戦で…正面マス席1000席確保の大困惑

  10. 10

    首位要因は丸だけ?当事者に聞いた原巨人と由伸時代の違い

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る