CS下克上へ秘策あり G由伸監督はメルセデスで“最後っ屁”

公開日: 更新日:

 13日、開幕するヤクルトとのCSファーストステージ(S)へ向け、今季限りでの退任が決まっている巨人高橋由伸監督(43)は「勝つことでしか先に進めない。とにかく勝てるように」と闘志を燃やす。

 先発は今村、菅野、メルセデスの順。当初、初戦はヤングマンが先発候補だったが、3位が決まった9日の阪神との最終戦で今村を使わずに勝利したことで、今季6勝2敗の左腕に変更された。ここに、由伸監督の「思惑」が隠されている。

 今季から加入したヤングマンは、外国人枠の関係で開幕から二軍暮らしが続いた。が、登板機会を得ると、4試合で3勝1敗、防御率2・77。安定した投球を続けていた7月、打球を左手に受けて骨折し、1カ月半の離脱を余儀なくされた。先月12日に実戦復帰を果たしていたが、由伸監督は1カ月、二軍で待機させていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  3. 3

    老後資金は夫婦で1600万円…必要額2800万円に届かず不安

  4. 4

    西村まさ彦“円満離婚”は大ウソ…乳がん患う妻に強要の冷酷

  5. 5

    急なトイレのピンチ…少女を救った大学生2人に拍手喝采!

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  8. 7

    異臭の次は房総半島の揺れ…首都直下地震“接近”の状況証拠

  9. 8

    カギは山本太郎票 IOCが気がかりな東京都知事選の「数字」

  10. 9

    小池都知事“馬耳東風”…ネット討論会が映さなかった本性

  11. 10

    相次ぐ教師の陽性…小池知事は市中感染拡大も見て見ぬふり

もっと見る