今季2勝9敗1分けの鬼門で…巨人の下克上を阻む“赤の重圧”

公開日: 更新日:

「アウェー感がハンパない。スタンドは真っ赤やし。赤って他の色より目立つんですかね?甲子園より? そうです。ここが一番。ヤジは横浜スタジアムの方が凄いんですけど、そういうのは影響あるかもしれません」

 広島ファンで真っ赤に染まったスタンドからの声援、歓声が、巨人ナインに想像以上の重圧をかけているようなのだ。

 今季の巨人のチーム防御率はリーグトップの3.79。にもかかわらず、マツダスタジアムでは6.25と投手陣が打たれる。「ここに来ると、あれだけスコンスコン打たれるでしょう。ウチのサインとか、のぞいてるんじゃないの? って思いたくもなりますよ」とはチーム関係者。そんな負け惜しみの声が出るくらい、苦手意識が染み込んでもいる。かつて巨人が東京ドームで圧倒的に強かった時代、相手チームに同じことを言われ、巨人ナインは「何をバカなことを。そんなことを言ってるから勝てないんですよ」と笑い飛ばしていたものである。

 セ・リーグ覇者の広島には1勝のアドバンテージがある。この日の1敗で巨人は0勝2敗と追い込まれた。疑心暗鬼になるだけで、戦う前から負けている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  2. 2

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  3. 3

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  4. 4

    田中に楽天復帰報道 それでもメジャー続行これだけの根拠

  5. 5

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  6. 6

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  7. 7

    河野行革相なのにワクチン担当兼務 菅首相の真の狙いは

  8. 8

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  9. 9

    森七菜「電撃移籍」の真相 “恩人の死”引き金で実母が暗躍

  10. 10

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

もっと見る