今季2勝9敗1分けの鬼門で…巨人の下克上を阻む“赤の重圧”

公開日: 更新日:

「アウェー感がハンパない。スタンドは真っ赤やし。赤って他の色より目立つんですかね?甲子園より? そうです。ここが一番。ヤジは横浜スタジアムの方が凄いんですけど、そういうのは影響あるかもしれません」

 広島ファンで真っ赤に染まったスタンドからの声援、歓声が、巨人ナインに想像以上の重圧をかけているようなのだ。

 今季の巨人のチーム防御率はリーグトップの3.79。にもかかわらず、マツダスタジアムでは6.25と投手陣が打たれる。「ここに来ると、あれだけスコンスコン打たれるでしょう。ウチのサインとか、のぞいてるんじゃないの? って思いたくもなりますよ」とはチーム関係者。そんな負け惜しみの声が出るくらい、苦手意識が染み込んでもいる。かつて巨人が東京ドームで圧倒的に強かった時代、相手チームに同じことを言われ、巨人ナインは「何をバカなことを。そんなことを言ってるから勝てないんですよ」と笑い飛ばしていたものである。

 セ・リーグ覇者の広島には1勝のアドバンテージがある。この日の1敗で巨人は0勝2敗と追い込まれた。疑心暗鬼になるだけで、戦う前から負けている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!