今季2勝9敗1分けの鬼門で…巨人の下克上を阻む“赤の重圧”

公開日: 更新日:

 マツダスタジアムはやはり、鬼門だった。

 17日、CSファイナルステージが広島の本拠地で開幕。初回、巨人先発のメルセデスが先頭の田中に四球、菊池に中前打を許し、いきなり無死一、三塁。続く丸の二ゴロの間に先制点を献上すると、試合は1―6と一方的になった。

 泣きっ面に蜂、のアクシデントも起きた。二回に自打球を左膝に当てた阿部がその場で悶絶。コーチに支えられてベンチ裏へ消え、そのまま交代となった。きょうの第2戦の出場は微妙な状況。5番打者を欠くことになれば、巨人はさらに苦戦を強いられる。

 巨人は今季、マツダスタジアムで2勝9敗1分け。昨年8月から13連敗を食らい、この球場では4年連続負け越した。なぜ苦手なのか。4番の岡本和真(22)に聞くと、「球場というより、相手が広島だからやないですか!」と身も蓋もない返答。確かに今季の広島戦は7勝17敗1分けだ。「マツダスタジアムだから」というより、「広島が強いから」と言われては元も子もないが、岡本はさらにこう続けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  5. 5

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  6. 6

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  7. 7

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  8. 8

    FA市場の大物が売れ残る背景…“格下”より低い金額を拒否

  9. 9

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  10. 10

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

もっと見る