今季2勝9敗1分けの鬼門で…巨人の下克上を阻む“赤の重圧”

公開日: 更新日:

 マツダスタジアムはやはり、鬼門だった。

 17日、CSファイナルステージが広島の本拠地で開幕。初回、巨人先発のメルセデスが先頭の田中に四球、菊池に中前打を許し、いきなり無死一、三塁。続く丸の二ゴロの間に先制点を献上すると、試合は1―6と一方的になった。

 泣きっ面に蜂、のアクシデントも起きた。二回に自打球を左膝に当てた阿部がその場で悶絶。コーチに支えられてベンチ裏へ消え、そのまま交代となった。きょうの第2戦の出場は微妙な状況。5番打者を欠くことになれば、巨人はさらに苦戦を強いられる。

 巨人は今季、マツダスタジアムで2勝9敗1分け。昨年8月から13連敗を食らい、この球場では4年連続負け越した。なぜ苦手なのか。4番の岡本和真(22)に聞くと、「球場というより、相手が広島だからやないですか!」と身も蓋もない返答。確かに今季の広島戦は7勝17敗1分けだ。「マツダスタジアムだから」というより、「広島が強いから」と言われては元も子もないが、岡本はさらにこう続けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  3. 3

    老後資金は夫婦で1600万円…必要額2800万円に届かず不安

  4. 4

    西村まさ彦“円満離婚”は大ウソ…乳がん患う妻に強要の冷酷

  5. 5

    急なトイレのピンチ…少女を救った大学生2人に拍手喝采!

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  8. 7

    異臭の次は房総半島の揺れ…首都直下地震“接近”の状況証拠

  9. 8

    カギは山本太郎票 IOCが気がかりな東京都知事選の「数字」

  10. 9

    小池都知事“馬耳東風”…ネット討論会が映さなかった本性

  11. 10

    相次ぐ教師の陽性…小池知事は市中感染拡大も見て見ぬふり

もっと見る