CS最終Sへ巨人ナインに一体感 "地獄の秋"回避が選手の本音

公開日:

 きょうから巨人はセ・リーグ覇者の広島と敵地マツダスタジアムでCSファイナルステージ(S)に臨む。

 今季7勝17敗1分けと圧倒されたが、高橋由伸監督(43)は「シーズン中はやられたことが多い相手。でもシーズンとは関係ない戦い。失う物はない。崖っぷちからはい上がってきたので、思い切ってぶつかりたい」と力強く語った。

 今月3日、由伸監督の今季限りでの辞任が発表されてからチームは4連勝。ヤクルトとのCSファーストSは、2戦目に登板したエース菅野がポストシーズン初となるノーヒットノーランを達成し、2連勝を飾った。3戦目に先発予定だったメルセデスを温存できたことで、ファイナルS初戦に投入できる。

 指揮官が引責辞任することで責任を感じる巨人ナインに一体感が生まれている。あるベテラン選手は「原監督はベンチ主導、由伸監督は選手ファースト。現役を引退してすぐに就任した由伸監督は、ベテランを気遣ってくれたし、ある程度、選手に任せてくれた。だからベンチ主導だった原監督が2015年に辞めた時以上に選手は責任を感じています。今さら遅いけど、せめてCSは頑張ろうと……」と言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る