CS最終Sへ巨人ナインに一体感 "地獄の秋"回避が選手の本音

公開日: 更新日:

 きょうから巨人はセ・リーグ覇者の広島と敵地マツダスタジアムでCSファイナルステージ(S)に臨む。

 今季7勝17敗1分けと圧倒されたが、高橋由伸監督(43)は「シーズン中はやられたことが多い相手。でもシーズンとは関係ない戦い。失う物はない。崖っぷちからはい上がってきたので、思い切ってぶつかりたい」と力強く語った。

 今月3日、由伸監督の今季限りでの辞任が発表されてからチームは4連勝。ヤクルトとのCSファーストSは、2戦目に登板したエース菅野がポストシーズン初となるノーヒットノーランを達成し、2連勝を飾った。3戦目に先発予定だったメルセデスを温存できたことで、ファイナルS初戦に投入できる。

 指揮官が引責辞任することで責任を感じる巨人ナインに一体感が生まれている。あるベテラン選手は「原監督はベンチ主導、由伸監督は選手ファースト。現役を引退してすぐに就任した由伸監督は、ベテランを気遣ってくれたし、ある程度、選手に任せてくれた。だからベンチ主導だった原監督が2015年に辞めた時以上に選手は責任を感じています。今さら遅いけど、せめてCSは頑張ろうと……」と言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  3. 3

    アンジャ渡部の黒すぎる裏の顔 交際女性や後輩が続々暴露

  4. 4

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  5. 5

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  6. 6

    会見はムダ…渡部建の芸能界復帰が絶対にあり得ない理由

  7. 7

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  8. 8

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  9. 9

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  10. 10

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

もっと見る