金本辞任・坂井体制も崩壊…虎は岡田&鳥谷ラインで次代へ

公開日: 更新日:

「オレは来年、どうなるんだよ!」

 阪神のあるコーチが顔面蒼白でこう言った。

 去る10日、阪神はコーチ陣との来季契約を更新した。金本知憲監督(50)は昨オフ、今季からの3年契約を締結。球団は来季続投を前提に組閣を進めていた。そのコーチは来季の契約書を片手に意気込みを新たにしていたという。

 ところが、翌11日に急転、金本監督が今季限りで辞任することが発表された。さらには、坂井信也オーナー(70)も今季限りで退任する。関西の放送関係者がこう話す。

「事態は10日に急変しました。揚塩球団社長が阪神電鉄本社から呼び出しを受け、その後、甲子園でのDeNA戦終了後に金本監督と会談した。金本監督はその席で辞意を伝えたと話している。最下位低迷で球団には金本監督に対する抗議電話が殺到、球場ではファンから毎日のように『辞めろ』とヤジられた。観客動員も前年を下回った。金本監督も辞任を覚悟していたとは思うが、あまりにも急すぎます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神藤浪に二軍調整はもう不要…ドラ2伊藤の活躍が追い風

  2. 2

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  3. 3

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  4. 4

    石田純一は“枕営業”迫られた…衝撃の未遂体験と告白の影響

  5. 5

    ワクチン接種後19人死亡の衝撃 基礎疾患のない26歳女性も

  6. 6

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  7. 7

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  8. 8

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  9. 9

    日本がワクチン後進国になってしまった「3つの理由」

  10. 10

    大阪府100万人あたりのコロナ死者数「インド超え」の衝撃

もっと見る