金本辞任・坂井体制も崩壊…虎は岡田&鳥谷ラインで次代へ

公開日:

「オレは来年、どうなるんだよ!」

 阪神のあるコーチが顔面蒼白でこう言った。

 去る10日、阪神はコーチ陣との来季契約を更新した。金本知憲監督(50)は昨オフ、今季からの3年契約を締結。球団は来季続投を前提に組閣を進めていた。そのコーチは来季の契約書を片手に意気込みを新たにしていたという。

 ところが、翌11日に急転、金本監督が今季限りで辞任することが発表された。さらには、坂井信也オーナー(70)も今季限りで退任する。関西の放送関係者がこう話す。

「事態は10日に急変しました。揚塩球団社長が阪神電鉄本社から呼び出しを受け、その後、甲子園でのDeNA戦終了後に金本監督と会談した。金本監督はその席で辞意を伝えたと話している。最下位低迷で球団には金本監督に対する抗議電話が殺到、球場ではファンから毎日のように『辞めろ』とヤジられた。観客動員も前年を下回った。金本監督も辞任を覚悟していたとは思うが、あまりにも急すぎます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  9. 9

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  10. 10

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

もっと見る