金本監督“解任” お家騒動で繰り返される阪神の悪しき伝統

公開日: 更新日:

 歴史は繰り返された――。

 金本知憲監督(50)を“電撃解任”した阪神。13日には揚塩球団社長が矢野燿大二軍監督(49)に次期監督の就任を要請。同二軍監督は15日になって、兵庫・西宮市内の球団事務所を訪れ、受諾を伝えた。

 しかし、今の阪神は、矢野監督が一軍を率いても劇的に生まれ変わるとは思えない。

 むしろ、球団周辺では「長いトンネルに入った」「暗黒時代に逆戻りした」との声すらあるのだ。

 3年前の2015年、阪神は金本監督を再建の切り札として迎え入れた。監督就任を渋る鉄人に、「これまでの阪神を根本的に改革してくれ」と懇願。三顧の礼を尽くした。招聘に動いた坂井信也オーナーはその時点で、長期政権を視野に入れていた。2年契約が切れた昨オフ、新たに3年契約を結んだのはそのためだ。しかし、その坂井オーナーも辞任に追い込まれ、3年で金本政権に終止符が打たれた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  3. 3

    アンジャ渡部の黒すぎる裏の顔 交際女性や後輩が続々暴露

  4. 4

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  5. 5

    会見はムダ…渡部建の芸能界復帰が絶対にあり得ない理由

  6. 6

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  7. 7

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  8. 8

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  9. 9

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  10. 10

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

もっと見る