金本監督“解任” お家騒動で繰り返される阪神の悪しき伝統

公開日:

 歴史は繰り返された――。

 金本知憲監督(50)を“電撃解任”した阪神。13日には揚塩球団社長が矢野燿大二軍監督(49)に次期監督の就任を要請。同二軍監督は15日になって、兵庫・西宮市内の球団事務所を訪れ、受諾を伝えた。

 しかし、今の阪神は、矢野監督が一軍を率いても劇的に生まれ変わるとは思えない。

 むしろ、球団周辺では「長いトンネルに入った」「暗黒時代に逆戻りした」との声すらあるのだ。

 3年前の2015年、阪神は金本監督を再建の切り札として迎え入れた。監督就任を渋る鉄人に、「これまでの阪神を根本的に改革してくれ」と懇願。三顧の礼を尽くした。招聘に動いた坂井信也オーナーはその時点で、長期政権を視野に入れていた。2年契約が切れた昨オフ、新たに3年契約を結んだのはそのためだ。しかし、その坂井オーナーも辞任に追い込まれ、3年で金本政権に終止符が打たれた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  3. 3

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  4. 4

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  5. 5

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  6. 6

    NHK紅白なのに“特別枠”ばかり 平成最後はご都合主義の極み

  7. 7

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  8. 8

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  9. 9

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  10. 10

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

もっと見る