小倉清一郎
著者のコラム一覧
小倉清一郎元横浜高校野球部部長

1944年(昭19)6月16日、神奈川県横浜市生まれの71歳。横浜―東農大を経て三菱自動車川崎―河合楽器で捕手として活躍。現役引退後、東海大一(現東海大翔洋)―横浜―横浜商―横浜で監督、部長を歴任。松坂、成瀬、涌井、筒香ら多くのプロ野球選手を育てた。98年の春夏連覇を含め、3度の甲子園優勝。渡辺前監督を支える名伯楽として主に技術面を指導した。対戦校の投手陣や打線の戦術分析に定評があり、名参謀と呼ばれた。14年夏限りで横浜のコーチを退任。現在は山梨学院や熊本・城北など、全国の各校で臨時コーチを務める。

ドラフト終わり…高校生投手がプロ入りまでにすべき3カ条

公開日: 更新日:

 プロ野球のドラフトが終了した。指名された選手は、年明けの新人合同自主トレまでの期間に何をやっておけばいいのか。特に高校生は、新人合同自主トレでいきなりケガをすることがある。これは練習不足だ。

 まずは足と肩をつくっておく。下級生の練習に交じってランニング、キャッチボール、遠投は必須。休みは週1、2日程度でいい。野手は普通、木製バットで打撃練習をするが、投手はなかなか気付かない「盲点」がある。

 投球以外の牽制、クイック、フィールディングの練習である。高校生の場合、自信のない状態でプロ入りするケースが多い。そうなると、二軍でこの練習に追われ、時間をロスしてしまう。もちろん一軍デビューも遅れる。何年か棒に振る感覚すらある。プロ入りと同時に投球に集中できないのはもったいない。私は松坂や涌井らプロ入りを目指す投手には、在学中から徹底的に仕込み、「得意分野」にしてプロに送り込んだ。通常は1年ほどかかるが、もし苦手意識があるなら、入寮までの2カ月間でも反復練習をし、少しでもレベルを上げるべきだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  2. 2

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  3. 3

    「女子アナ好き」の性癖と合コン主催の太いタニマチ

  4. 4

    ジャニーズ退所・錦戸亮の争奪戦に名乗りを上げた大手プロ

  5. 5

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  6. 6

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  7. 7

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  8. 8

    相葉が手紙朗読で早くも確約?「嵐」活動再開への温度差

  9. 9

    日本会議系に統一教会系…安倍新内閣はまるで“カルト内閣”

  10. 10

    1979年に渡辺プロを独立 森進一が受けた“森潰し”の圧力

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る