小倉清一郎
著者のコラム一覧
小倉清一郎元横浜高校野球部部長

1944年(昭19)6月16日、神奈川県横浜市生まれの71歳。横浜―東農大を経て三菱自動車川崎―河合楽器で捕手として活躍。現役引退後、東海大一(現東海大翔洋)―横浜―横浜商―横浜で監督、部長を歴任。松坂、成瀬、涌井、筒香ら多くのプロ野球選手を育てた。98年の春夏連覇を含め、3度の甲子園優勝。渡辺前監督を支える名伯楽として主に技術面を指導した。対戦校の投手陣や打線の戦術分析に定評があり、名参謀と呼ばれた。14年夏限りで横浜のコーチを退任。現在は山梨学院や熊本・城北など、全国の各校で臨時コーチを務める。

ドラフト終わり…高校生投手がプロ入りまでにすべき3カ条

公開日: 更新日:

 プロ野球ドラフトが終了した。指名された選手は、年明けの新人合同自主トレまでの期間に何をやっておけばいいのか。特に高校生は、新人合同自主トレでいきなりケガをすることがある。これは練習不足だ。

 まずは足と肩をつくっておく。下級生の練習に交じってランニング、キャッチボール、遠投は必須。休みは週1、2日程度でいい。野手は普通、木製バットで打撃練習をするが、投手はなかなか気付かない「盲点」がある。

 投球以外の牽制、クイック、フィールディングの練習である。高校生の場合、自信のない状態でプロ入りするケースが多い。そうなると、二軍でこの練習に追われ、時間をロスしてしまう。もちろん一軍デビューも遅れる。何年か棒に振る感覚すらある。プロ入りと同時に投球に集中できないのはもったいない。私は松坂や涌井らプロ入りを目指す投手には、在学中から徹底的に仕込み、「得意分野」にしてプロに送り込んだ。通常は1年ほどかかるが、もし苦手意識があるなら、入寮までの2カ月間でも反復練習をし、少しでもレベルを上げるべきだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  2. 2

    マツコ「ホンマでっか」降板 カネより義理、裏方との関係

  3. 3

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  4. 4

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  5. 5

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  6. 6

    瀬戸大也は「鋼のメンタル」ラブホ不倫で謝罪も“金”揺がず

  7. 7

    ジャパンライフ詐欺は安倍‐菅案件 行政大甘対応の根源

  8. 8

    自民党総裁選 カッコ悪い大人たちにど汚いもの見せられた

  9. 9

    平沢復興相 前首相の私怨で冷遇…入閣に“故郷”は冷めた声

  10. 10

    巨人菅野「最多勝」で有終の美も…唯一の心残りは“古女房”

もっと見る