「大谷との比較は酷…」根尾の“二刀流”にはシビアな見方 

公開日: 更新日:

 4球団競合の末、中日が交渉権を獲得した大阪桐蔭の根尾昂(18)。その能力の高さは誰もが認めるところだが、「二刀流となれば話は別。大谷(エンゼルス)と比べるのは酷ですよ」と、在京球団のスカウトがこう続ける。

「前提としてまず、プロでは投手根尾は厳しい。あくまで、『速い球を投げられる野手』という評価。ショートで立浪以来の高卒開幕スタメンを目指すべきだが、根尾のポジションが遊撃兼投手に固定されたのは、2年秋の新チーム結成後だ。つまり、本格的に遊撃を守るようになってそう時間が経っていない。身体能力はずぬけていても、プロのショートとしてやっていくにはフットワークやグラブさばきなどにまだまだ課題がある。にもかかわらず、投手との二刀流なんてことになれば、間違いなくショートとしての練習に弊害が生じる。大谷は投打ともにケタ外れのポテンシャルを持っていたうえ、打者としては基本的に守備のないDHとの二刀流だったからね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    巨人のドラフトとFA補強にソフトBの壁 争奪戦ガチンコ必至

  4. 4

    スガ友人事横行 異例抜擢“秋田つながり”柿崎補佐官の評判

  5. 5

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  6. 6

    巨人と阪神が熱視線 ドラ1候補近大・佐藤の気がかりなキズ

  7. 7

    虎フロントは今オフ大刷新 2度目のクラスターに親会社激怒

  8. 8

    原巨人の来季構想 吉川尚の覚醒で坂本「三塁コンバート」

  9. 9

    竹内結子さんと三浦春馬さんに「共通項」…心理学者が分析

  10. 10

    菅政権で内紛 総務相めぐる“嫌がらせ人事”に麻生氏激怒

もっと見る