吉田輝星は日ハムが単独指名 “ドラフト目玉”不人気の理由

公開日: 更新日:

 夏の甲子園準優勝投手にして、人気や知名度はピカイチ。にもかかわらず1位入札はゼロ、クジで外した球団が8つもありながら、日本ハムの単独指名だったのが金足農の吉田輝星だ。

「うれしいです。たくさんの人が名前を呼ばれている中で、自分の名前が呼ばれて安心しました。(日本ハムは)大谷選手や清宮選手らドラフト1位の高校生だった先輩たちがすごく活躍しているので、自分も一緒に活躍したい」

 指名直後のインタビューで本人がこう言ったように、同じ高校生の根尾や藤原や小園が先に名前を呼ばれただけに「安心した」のは本音だろう。

 それにしても「ドラフトの目玉」といわれた吉田が外れ1位、おまけに指名したのが日本ハムだけだったのはなぜか。

「吉田自身に問題があるわけではなく、あくまでも他の選手との兼ね合いでしょう」と、セ・リーグのある編成担当がこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    スガ友人事横行 異例抜擢“秋田つながり”柿崎補佐官の評判

  4. 4

    巨人のドラフトとFA補強にソフトBの壁 争奪戦ガチンコ必至

  5. 5

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  6. 6

    巨人と阪神が熱視線 ドラ1候補近大・佐藤の気がかりなキズ

  7. 7

    竹内結子さんと三浦春馬さんに「共通項」…心理学者が分析

  8. 8

    菅政権で内紛 総務相めぐる“嫌がらせ人事”に麻生氏激怒

  9. 9

    虎フロントは今オフ大刷新 2度目のクラスターに親会社激怒

  10. 10

    中曽根氏合同葬 参列者は6割減なのに経費は1400万円増の怪

もっと見る