メジャー評価は根尾より上 小園海斗の身体能力はケタ違い

公開日: 更新日:

 直前に急浮上したのが報徳学園・小園海斗だ。

 ソフトバンクは24日、王球団会長が「1位は小園で決まった。運動能力、守り、打撃もいい」と遊撃手としての能力の高さを評価したという。ソフトバンクがドラフト前に公表するのは珍しい。根尾も有力候補だったが、王会長は「迷った。2人も3人も取れない。根尾がダメということではない」と説明した。

 この日、オリックスの長村球団本部長も「ショートでレギュラーを取れる。走攻守のバランスが取れ、将来、内野手の要として引っ張ってくれる素材」と小園の1位を明言した。同本部長は夏の甲子園でも「足も肩も文句なし。走攻守すべてにおいてトップランク。アマ野球ナンバーワンのショート。即戦力に近い」と絶賛していた。

 俊足巧打の遊撃手で守備が武器。報徳学園では1年春から1番遊撃で起用され、今夏の甲子園では2回戦の聖光学院戦で大会タイ記録となる1試合3本の二塁打をマークし、8強入りに貢献した。2年連続で高校日本代表入り。大学日本代表との壮行試合で、ドラフト1位候補の松本(日体大)の147キロの直球を右翼席へ叩き込み、パンチ力、木製バットへの適応力も示している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    スガ友人事横行 異例抜擢“秋田つながり”柿崎補佐官の評判

  4. 4

    巨人のドラフトとFA補強にソフトBの壁 争奪戦ガチンコ必至

  5. 5

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  6. 6

    巨人と阪神が熱視線 ドラ1候補近大・佐藤の気がかりなキズ

  7. 7

    竹内結子さんと三浦春馬さんに「共通項」…心理学者が分析

  8. 8

    菅政権で内紛 総務相めぐる“嫌がらせ人事”に麻生氏激怒

  9. 9

    中曽根氏合同葬 参列者は6割減なのに経費は1400万円増の怪

  10. 10

    虎フロントは今オフ大刷新 2度目のクラスターに親会社激怒

もっと見る