イ・ボミが7度目予選落ち “恩師切り捨て”が転落の始まりに

公開日:  更新日:

【ニトリレディス】

 2年連続賞金女王に輝いたイ・ボミ(30)が成績不振にあえいでいる。

 3年前は初日から首位の座を一度も譲らずに完全優勝を果たしたが、今年は予選通過に2打及ばず7度目の予選落ちだった。

 今季の平均ストロークは73.00と、ベスト成績の70.09(2016年)と比べてかなり悪い。もちろん賞金ランクは89位と低空飛行が続いている。

「長年、指導を受けたチョ・ボムスコーチと昨年決別したのも不振原因のひとつ」と韓国ゴルフ事情に詳しいジャーナリストの太刀川正樹がこう解説する。

「イ・ボミは日本で賞金女王になると、オフは韓国でファンサービスやスポンサーへの挨拶回りで大忙しだった。だから周囲は練習不足を心配していたのです。昨季は1勝だけと勢いがなくなり、もっと練習しろ、とうるさかったボムスコーチとの関係もギクシャクした。ボミは在米韓国人のイケメン、アーロン・キムコーチにスポットで指導を受けるようになって恩師ボムスコーチとの契約を解消した。ボミは自分の実力だけで強くなったと勘違いしていたようです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  10. 10

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

もっと見る