• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

イ・ボミが7度目予選落ち “恩師切り捨て”が転落の始まりに

【ニトリレディス】

 2年連続賞金女王に輝いたイ・ボミ(30)が成績不振にあえいでいる。

 3年前は初日から首位の座を一度も譲らずに完全優勝を果たしたが、今年は予選通過に2打及ばず7度目の予選落ちだった。

 今季の平均ストロークは73.00と、ベスト成績の70.09(2016年)と比べてかなり悪い。もちろん賞金ランクは89位と低空飛行が続いている。

「長年、指導を受けたチョ・ボムスコーチと昨年決別したのも不振原因のひとつ」と韓国ゴルフ事情に詳しいジャーナリストの太刀川正樹がこう解説する。

「イ・ボミは日本で賞金女王になると、オフは韓国でファンサービスやスポンサーへの挨拶回りで大忙しだった。だから周囲は練習不足を心配していたのです。昨季は1勝だけと勢いがなくなり、もっと練習しろ、とうるさかったボムスコーチとの関係もギクシャクした。ボミは在米韓国人のイケメン、アーロン・キムコーチにスポットで指導を受けるようになって恩師ボムスコーチとの契約を解消した。ボミは自分の実力だけで強くなったと勘違いしていたようです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  6. 6

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  7. 7

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  8. 8

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  9. 9

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る