代打要員にオリ中島まで…原巨人はやっぱり補強ファースト

公開日: 更新日:

 巨人原辰徳監督(60)が28日、就任後初の直接指導を行った。

 ジャイアンツ球場で行われた秋季練習2日目。31日からの宮崎秋季キャンプに参加する投手の多くがブルペンで投げ込む中、原監督と新任の宮本投手総合コーチが、身ぶり手ぶりを交え、フォーム修正を行ったのは、宮国椋丞(26)だ。

 今季は中継ぎとして29試合に登板し、防御率1.97だが、原監督は「生きてるんだか死んでるんだか分からない」。腕を下げ、投球する際のプレートの位置などを大幅に変更した。宮国は「重心を低くと。高いと言われたので低くする気持ちで、腕を下げたり、新たな挑戦をしている最中。新体制なのでチャンスだと思う。秋から来年に向けてアピールしていきたい」と汗を拭った。原監督は意図をこう説明した。

「『ニューりょうすけになろうな』と言った。(腕が)少し下がってたでしょ?スリークオーター気味にやってみようじゃないかと。まだまだあんなもんじゃない? いや、あんなもんかもしれないけどね(笑い)。潜在能力起きろ、という感じで叩いてあげないと。過去には開幕投手? あったな。野球界は2年経ったらもう(過去だから)ね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

  2. 2

    サザン時代の自分は地上2メートル上をフワフワ浮いていた

  3. 3

    “青汁王子”こと三崎優太氏のYouTubeでの主張に対する弊社の見解

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    ド派手実業家「青汁王子」のマズイ素顔…反社との関係発覚

  6. 6

    自民党総裁選で乱発 「共通の価値観」を唱和するお笑い

  7. 7

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  8. 8

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  9. 9

    草刈正雄 コロナ禍で考えた家族と仕事「後悔ないように」

  10. 10

    ハナコ岡部が朝ドラで評価上昇 “ライバル”はハライチ澤部

もっと見る