代打要員にオリ中島まで…原巨人はやっぱり補強ファースト

公開日: 更新日:

 巨人の原辰徳監督(60)が28日、就任後初の直接指導を行った。

 ジャイアンツ球場で行われた秋季練習2日目。31日からの宮崎秋季キャンプに参加する投手の多くがブルペンで投げ込む中、原監督と新任の宮本投手総合コーチが、身ぶり手ぶりを交え、フォーム修正を行ったのは、宮国椋丞(26)だ。

 今季は中継ぎとして29試合に登板し、防御率1.97だが、原監督は「生きてるんだか死んでるんだか分からない」。腕を下げ、投球する際のプレートの位置などを大幅に変更した。宮国は「重心を低くと。高いと言われたので低くする気持ちで、腕を下げたり、新たな挑戦をしている最中。新体制なのでチャンスだと思う。秋から来年に向けてアピールしていきたい」と汗を拭った。原監督は意図をこう説明した。

「『ニューりょうすけになろうな』と言った。(腕が)少し下がってたでしょ?スリークオーター気味にやってみようじゃないかと。まだまだあんなもんじゃない? いや、あんなもんかもしれないけどね(笑い)。潜在能力起きろ、という感じで叩いてあげないと。過去には開幕投手? あったな。野球界は2年経ったらもう(過去だから)ね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セイン・カミュは事務所独立問題がこじれ芸能界から消えた

  2. 2

    台風被害はそっちのけ…安倍自民“無能幹部”の呆れた実態

  3. 3

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  4. 4

    森田健作知事 元タレントなのに災害対応で存在感ゼロの愚

  5. 5

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  6. 6

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  7. 7

    醜聞だらけ “火薬庫大臣”田中和徳の初入閣に地元もビックリ

  8. 8

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  9. 9

    汚染処理水発言で物議 何でも屋は農業や社会保障も実績0

  10. 10

    楽天平石監督の退任騒動とヤクルト小川監督辞任の“点と線”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る