代打要員にオリ中島まで…原巨人はやっぱり補強ファースト

公開日: 更新日:

 が、指揮官の発言は恐らく「建前」だ。その一方で、大型補強の準備を水面下で着々と進めているからである。

 まずは国内FA権を持つ広島丸佳浩外野手(29)、西武炭谷銀仁朗捕手(31)。今季限りでマリナーズを退団した岩隈久志投手(37)の調査を進めている。もちろん、それだけでは終わらない。日本ハムのブランドン・レアード内野手(31)の動向も注視しているのだ。

「日本ハムとの2年契約が今季で終了。9月に負傷離脱でCSファーストステージには間に合わなかったが、来日4年目でチーム最多の26本塁打をマークした。4番岡本の後の5番を重要視している原監督が、引退の可能性があるマギーの後釜にと目を光らせている。日本ハムも来季のオファーを出すようだが、もし決裂したら、巨人が手を挙げますよ」(球界関係者)


 狙っている選手はまだいる。オリックス中島宏之内野手(36)である。球団から野球協約が定める減額制限(1億円超は40%)を大幅に超える減俸提示を受けている。今季の年俸3億5000万円から2億円以上のダウンで年俸1億円前後になる可能性がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    甥っ子がフジテレビ退社 囁かれる“安倍引退”のタイミング

  3. 3

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  4. 4

    「麒麟がくる」放送再開も苦戦 関係者が明かす“3つの要因”

  5. 5

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  6. 6

    “奇跡の61歳”宮崎美子 カレンダー予約殺到で「鬼滅」超え

  7. 7

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  8. 8

    GoToトラベル人件費 事務局長「日当7万円」SNSトレンドに

  9. 9

    鬼滅の刃「紅蓮華」は“エヴァ超え”も国民的アニソンへの壁

  10. 10

    <2>住民投票の新名称で市民が初めて知った「大阪市廃止」

もっと見る