代打要員にオリ中島まで…原巨人はやっぱり補強ファースト

公開日: 更新日:

 が、指揮官の発言は恐らく「建前」だ。その一方で、大型補強の準備を水面下で着々と進めているからである。

 まずは国内FA権を持つ広島・丸佳浩外野手(29)、西武・炭谷銀仁朗捕手(31)。今季限りでマリナーズを退団した岩隈久志投手(37)の調査を進めている。もちろん、それだけでは終わらない。日本ハムのブランドン・レアード内野手(31)の動向も注視しているのだ。

「日本ハムとの2年契約が今季で終了。9月に負傷離脱でCSファーストステージには間に合わなかったが、来日4年目でチーム最多の26本塁打をマークした。4番岡本の後の5番を重要視している原監督が、引退の可能性があるマギーの後釜にと目を光らせている。日本ハムも来季のオファーを出すようだが、もし決裂したら、巨人が手を挙げますよ」(球界関係者)


 狙っている選手はまだいる。オリックスの中島宏之内野手(36)である。球団から野球協約が定める減額制限(1億円超は40%)を大幅に超える減俸提示を受けている。今季の年俸3億5000万円から2億円以上のダウンで年俸1億円前後になる可能性がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  2. 2

    ラグビーW杯で日テレが高笑い 格安放映権で“濡れ手で粟”

  3. 3

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  4. 4

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  5. 5

    「コウキに付きっきり」ママ友が明かした工藤静香の“素顔”

  6. 6

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  7. 7

    土屋太鳳に吉岡里帆…“嫌われ者”は好かれる先輩に学ぶべし

  8. 8

    ジョセフHCは続投前向きも 日本8強入りで“三つ巴”争奪戦に

  9. 9

    「紅白」紅組司会は綾瀬はるか…“本命”広瀬すず落選のナゼ

  10. 10

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る