阪神・矢野新監督は対話重視 日ハム“栗山路線”の成否は?

公開日: 更新日:

 同じ失敗を繰り返すわけにはいかない。

 阪神は23日から秋季練習がスタート。その初日、クラブハウスでの全体ミーティングを終えた矢野監督(49)はべテランの鳥谷(37)と面談し、来季のポジションについて希望を聞いた。直後に報道陣の前に姿を見せた鳥谷は「ショートで練習させてもらいたいです。ショートの練習さえやっていれば、二塁や三塁はできます、と伝えた」と話した。無愛想な鳥谷が珍しく笑顔でハキハキしていたのは、新監督が秋季練習初日にわざわざ自分の希望を聞いてくれたからだろう。

 金本時代の鳥谷は、三塁、二塁、三塁とポジションをコロコロ変えられ、今季終盤は北條の故障で遊撃も守った。若手育成の方針から仕方がないとはわかっていても、実績のあるベテランを「便利屋扱い」する起用法に釈然としない部分はあったはずだ。

 矢野新監督は金本野球を継承するというが、それはあくまで、大型補強の否定と若手育成に限ってのことだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  2. 2

    話題の巨人・丸“あっち向いてホイ打法”を広島・誠也に聞く

  3. 3

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  4. 4

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  5. 5

    虎戦力外の鳥谷をスルー 巨人今オフ補強“本命”は広島菊池

  6. 6

    夜の六本木から小栗旬グループが消えた…“なるほど”な理由は

  7. 7

    巨人坂本 悲願の打撃2冠狙うも「2つの敵」が立ちはだかる

  8. 8

    視聴率2ケタ健闘 韓国ドラマの日本版が意外にも好評な理由

  9. 9

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  10. 10

    台風で倒れたゴルフ場のポールで家屋投壊…責任はどこに?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る