阪神・矢野新監督は対話重視 日ハム“栗山路線”の成否は?

公開日: 更新日:

 同じ失敗を繰り返すわけにはいかない。

 阪神は23日から秋季練習がスタート。その初日、クラブハウスでの全体ミーティングを終えた矢野監督(49)はべテランの鳥谷(37)と面談し、来季のポジションについて希望を聞いた。直後に報道陣の前に姿を見せた鳥谷は「ショートで練習させてもらいたいです。ショートの練習さえやっていれば、二塁や三塁はできます、と伝えた」と話した。無愛想な鳥谷が珍しく笑顔でハキハキしていたのは、新監督が秋季練習初日にわざわざ自分の希望を聞いてくれたからだろう。

 金本時代の鳥谷は、三塁、二塁、三塁とポジションをコロコロ変えられ、今季終盤は北條の故障で遊撃も守った。若手育成の方針から仕方がないとはわかっていても、実績のあるベテランを「便利屋扱い」する起用法に釈然としない部分はあったはずだ。

 矢野新監督は金本野球を継承するというが、それはあくまで、大型補強の否定と若手育成に限ってのことだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん自死 芸能界「理想と現実」の乖離が背景に?

  2. 2

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  3. 3

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  4. 4

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  5. 5

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  6. 6

    立憲安住淳氏 国民目線でなければ政権から引きずり降ろす

  7. 7

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  8. 8

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  9. 9

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  10. 10

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

もっと見る