大阪出身も西武ファン公言 FA浅村争奪戦に阪神出る幕なし

公開日: 更新日:

 CSが進む中、FA市場の調査が水面下で進んでいる。今オフの目玉となるのが、2年連続でMVP候補に挙がる広島の丸、そして、西武の浅村栄斗(27)だ。

 主将2年目となった今季は3割30本塁打をクリア。打点王(127)にも輝き、リーグ優勝に大きく貢献した。CSファイナルでも3試合で打率.417。活躍からすれば、今季の年俸2億1000万円からの大幅アップは確実だ。昨オフ、FA取得を見越した球団から複数年契約を提示されたものの、「甘えを持ってやりたくない」と1年契約を選択しただけに、移籍の可能性あり、と他球団が腰を浮かせている。

 権利取得直後は本人もこう言っていた。

「せっかく得られた権利なので、先輩たちの話は聞きたい。(楽天に移籍した)岸(孝之)さんとか(海外FAを行使してメジャー入りし、帰国後にオリックス入りした)中島(宏之)さんとか、(西武を)出て行った人の話を聞いてみたいですね。どういう気持ちで出て行ったのか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    官邸の暗躍と官僚の忖度…諸悪の起点は2015年になぜ集中

  2. 2

    生存者を無視 拉致被害者家族も見限る安倍首相の“二枚舌”

  3. 3

    米倉涼子「シカゴ」で夏不在でも "視聴率女王"安泰のワケ

  4. 4

    最高月収1200万円…オネエタレントの山咲トオルさんは今

  5. 5

    視聴率首位も視野「3年A組」は数字が評判に追いついた

  6. 6

    フジ「QUEEN」は苦戦中 竹内結子に課せられた“ウラの使命”

  7. 7

    2018年はTV出演たった4本…ゆるキャラ「ふなっしー」は今

  8. 8

    即戦力推進も…オスカープロモーションは新たな試練の時期

  9. 9

    NHK「まんぷく」でまた脚光 東風万智子に“再改名”のススメ

  10. 10

    大阪都構想“クロス選”脅し不発 松井知事に市民ドッチラケ

もっと見る