阪神は“忖度指名” ドラフト大迷走の裏に親会社の鶴の一声

公開日: 更新日:

 ドラフト1位指名が有力視されていた根尾昂(大阪桐蔭)を直前で回避し、藤原恭大(同)を1位指名した阪神。しかし「くじ引き役」の矢野燿大監督(49)がロッテ楽天との3球団競合の末にこれを外すと、外れ1位でも4球団競合となった辰己涼介(立命大)を引き当てられず、外れ外れ1位でようやく近本光司(大阪ガス)の指名にこぎつけた。

 その舞台裏では、こんなドタバタ劇が繰り広げられていたという。某阪神OBが声を潜めて言う。

「親会社の鶴の一声で1位藤原が決まった。フロントは最後まで根尾を推したそうだ。根尾は最大8球団が1位で重複するといわれていたものの、勝負に行くべきだとね。結局は親会社への“忖度指名”に落ち着いたというわけだよ」

 以前から親会社は高いレベルで三拍子が揃う藤原を高く評価していた。地元の大阪出身で将来性があり、甲子園のスター選手であることも株を上げる要因になったというが、阪神周辺では「スターというなら根尾でいいし、吉田輝星(金足農)でもよかった。藤原にこだわったのは、新しいオーナーと同姓だからじゃないか」という皮肉すら聞こえてくる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  3. 3

    【競泳】大橋悠依は金メダル、瀬戸大也は予選落ち…男女エースの明暗を分けた指導者の差

  4. 4

    菅首相が金メダル第1号選手に祝福電話も…「人気取り狙い」バレバレで逆効果

  5. 5

    選手村が五輪中スカスカに? 米国体操チーム“脱出”に組織委は弱腰…今後も続出か

  6. 6

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  7. 7

    篠原涼子が市村正親との離婚で問われる「品格」…母より女優、“我が道を行く”も根強い批判

  8. 8

    小芝風花vs二階堂ふみ“ラブコメ対決”ともに大苦戦…既視感ありすぎ視聴者ドッチラケ

  9. 9

    菅首相がファイザーCEOを国賓級おもてなし ワクチン枯渇“土下座交渉”も思惑また外れ…

  10. 10

    【スケートボード】ストリート金・堀米雄斗の驚くべき稼ぎ!スポンサー10社以上、LAに豪邸購入

もっと見る