矢野阪神わずか4日で誕生 背景にはうるさ型の「株主対策」

公開日:

 阪神・金本知憲監督(50)の電撃辞任が発表されたのは10月11日。そのわずか4日後の15日に矢野燿大監督(49)が就任した。親会社主導で断行された監督交代。いわゆる「お家騒動」によるドタバタ劇が行われる中、持ち株会社である阪急阪神ホールディングス(HD)の株価に大きな値動きがあった。

 10日水曜に4040円だった株価は、「金本解任」が公になった11日木曜に160円安の3880円、翌12日金曜にはさらに90円安の3790円に。金融市場の休日である土曜、日曜を挟み、15日月曜には70円安の3720円、翌16日には一時、年初来最安値となる3705円を記録した(終値は15円高の3735円)。

 球団を持つ上場企業は、球団の成績や人事の動きなどによって、株価が変動するケースがある。2015年、楽天はシーズン途中の7月に田代打撃コーチが退団。三木谷オーナーによる現場介入が原因といわれた。当時の監督だった大久保博元氏は、「根本陸夫伝」(髙橋安幸著)の中で、こう話している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  10. 10

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

もっと見る