矢野阪神わずか4日で誕生 背景にはうるさ型の「株主対策」

公開日:

 阪神・金本知憲監督(50)の電撃辞任が発表されたのは10月11日。そのわずか4日後の15日に矢野燿大監督(49)が就任した。親会社主導で断行された監督交代。いわゆる「お家騒動」によるドタバタ劇が行われる中、持ち株会社である阪急阪神ホールディングス(HD)の株価に大きな値動きがあった。

 10日水曜に4040円だった株価は、「金本解任」が公になった11日木曜に160円安の3880円、翌12日金曜にはさらに90円安の3790円に。金融市場の休日である土曜、日曜を挟み、15日月曜には70円安の3720円、翌16日には一時、年初来最安値となる3705円を記録した(終値は15円高の3735円)。

 球団を持つ上場企業は、球団の成績や人事の動きなどによって、株価が変動するケースがある。2015年、楽天はシーズン途中の7月に田代打撃コーチが退団。三木谷オーナーによる現場介入が原因といわれた。当時の監督だった大久保博元氏は、「根本陸夫伝」(髙橋安幸著)の中で、こう話している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  5. 5

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  6. 6

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  7. 7

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  8. 8

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  9. 9

    「外交の安倍」どころか疫病神 日露、日韓、日米の無残

  10. 10

    「3年A組」好調キープ 狂気はらむ菅田将暉“演技力の源泉”

もっと見る