広島は消極采配で3連敗 最大の武器“足技”生かせず崖っぷち

公開日: 更新日:

 瀕死である。

 1日のソフトバンク戦、延長十回に中崎が柳田にサヨナラ本塁打を浴びて3連敗。崖っぷちに追い込まれた。

 ここにきて動けなくなった。前日まで4回連続で盗塁失敗し、この日の二回は、2死一、二塁から野間の右前打で二走の安部が本塁憤死。盗塁企図は一度もなかった。

 チャンスがなかったわけではない。同点で迎えた九回1死、田中が右前打で出塁。迎えるは菊池。シーズン中なら、盗塁やエンドランを仕掛けてもおかしくない場面だ。ここしかないというシチュエーションで、緒方監督が厳しい表情で選択した作戦はバント。菊池が決め、二塁へ進めたものの、丸が倒れて無得点。足にスランプはないというが、盗塁はおろか、エンドランも仕掛けられないのだから、消極采配というほかない。

 広島最大の武器は足技。リーグトップの95盗塁もさることながら、塁上でも相手バッテリーに圧力をかける。それがペナントレースでは圧倒的な得点力につながった。

 緒方監督は試合後、イライラを抑えるように「一戦一戦やるだけ。明日コンディションを整え、広島に帰って戦う」と言葉を絞り出した。らしさが消えたカープに、苦境をひっくり返す力があるのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  2. 2

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  3. 3

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  4. 4

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  5. 5

    香取慎吾オワコン化「アノニマス」打ち切り危機で酷評の声

  6. 6

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  7. 7

    Koki,がシャネルからお払い箱に…静香ママとも意見対立?

  8. 8

    新婚ホヤホヤ 草彅剛の20億円豪邸はキムタク宅がお手本?

  9. 9

    香取慎吾テレ東主演で明白…元SMAP3人“塩漬け”はお粗末!

  10. 10

    山田真貴子氏は“ジジ殺し” 内閣広報官の評判と夜の流儀

もっと見る