広島は消極采配で3連敗 最大の武器“足技”生かせず崖っぷち

公開日:

 瀕死である。

 1日のソフトバンク戦、延長十回に中崎が柳田にサヨナラ本塁打を浴びて3連敗。崖っぷちに追い込まれた。

 ここにきて動けなくなった。前日まで4回連続で盗塁失敗し、この日の二回は、2死一、二塁から野間の右前打で二走の安部が本塁憤死。盗塁企図は一度もなかった。

 チャンスがなかったわけではない。同点で迎えた九回1死、田中が右前打で出塁。迎えるは菊池。シーズン中なら、盗塁やエンドランを仕掛けてもおかしくない場面だ。ここしかないというシチュエーションで、緒方監督が厳しい表情で選択した作戦はバント。菊池が決め、二塁へ進めたものの、丸が倒れて無得点。足にスランプはないというが、盗塁はおろか、エンドランも仕掛けられないのだから、消極采配というほかない。

 広島最大の武器は足技。リーグトップの95盗塁もさることながら、塁上でも相手バッテリーに圧力をかける。それがペナントレースでは圧倒的な得点力につながった。

 緒方監督は試合後、イライラを抑えるように「一戦一戦やるだけ。明日コンディションを整え、広島に帰って戦う」と言葉を絞り出した。らしさが消えたカープに、苦境をひっくり返す力があるのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  3. 3

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  4. 4

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  5. 5

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  6. 6

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  7. 7

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  8. 8

    南沢奈央と破局…“こじらせ男”オードリー若林に次の春は?

  9. 9

    霞が関の友人が言った「トランプは田中真紀子」の意味深長

  10. 10

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

もっと見る