広島は消極采配で3連敗 最大の武器“足技”生かせず崖っぷち

公開日:

 瀕死である。

 1日のソフトバンク戦、延長十回に中崎が柳田にサヨナラ本塁打を浴びて3連敗。崖っぷちに追い込まれた。

 ここにきて動けなくなった。前日まで4回連続で盗塁失敗し、この日の二回は、2死一、二塁から野間の右前打で二走の安部が本塁憤死。盗塁企図は一度もなかった。

 チャンスがなかったわけではない。同点で迎えた九回1死、田中が右前打で出塁。迎えるは菊池。シーズン中なら、盗塁やエンドランを仕掛けてもおかしくない場面だ。ここしかないというシチュエーションで、緒方監督が厳しい表情で選択した作戦はバント。菊池が決め、二塁へ進めたものの、丸が倒れて無得点。足にスランプはないというが、盗塁はおろか、エンドランも仕掛けられないのだから、消極采配というほかない。

 広島最大の武器は足技。リーグトップの95盗塁もさることながら、塁上でも相手バッテリーに圧力をかける。それがペナントレースでは圧倒的な得点力につながった。

 緒方監督は試合後、イライラを抑えるように「一戦一戦やるだけ。明日コンディションを整え、広島に帰って戦う」と言葉を絞り出した。らしさが消えたカープに、苦境をひっくり返す力があるのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  2. 2

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  7. 7

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  8. 8

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  9. 9

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

  10. 10

    厚労省にポストと金を握られ…監察委“お手盛り報告”の必然

もっと見る