お家芸の足封じられ…崖っぷちの広島が温める起死回生の手

公開日:

 まさに「まな板の上の鯉」だった。

 日本シリーズは5試合を終え、広島が1勝3敗1分けでソフトバンクに王手をかけられた。敵地ヤフオクドームで3連敗を喫し、後がなくなった。

 苦戦を強いられているのは、広島が「足」を使えていないからだ。リーグトップの盗塁数(95)を誇るが、第4戦までに6個の盗塁を阻止された。高ヘッドコーチは「このままやられていくわけにはいかない。何とかしたい」と前を向くも、第5戦はすっかり戦意喪失したのか、出塁しても盗塁企図はゼロだった。

 鯉はみすみす料理されるのを待つしかないのか。今季リーグ最多の721得点を叩き出した打撃力に頼ろうにも、序盤から丸が大ブレーキ。そんな白旗寸前の広島に一筋の光がありそうなのだ。ヒントはソフトバンクの達川ヘッドコーチが漏らした言葉にある。

「うちの打線は広島バッテリーによく研究されとるよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る