お家芸の足封じられ…崖っぷちの広島が温める起死回生の手

公開日:

 まさに「まな板の上の鯉」だった。

 日本シリーズは5試合を終え、広島が1勝3敗1分けでソフトバンクに王手をかけられた。敵地ヤフオクドームで3連敗を喫し、後がなくなった。

 苦戦を強いられているのは、広島が「足」を使えていないからだ。リーグトップの盗塁数(95)を誇るが、第4戦までに6個の盗塁を阻止された。高ヘッドコーチは「このままやられていくわけにはいかない。何とかしたい」と前を向くも、第5戦はすっかり戦意喪失したのか、出塁しても盗塁企図はゼロだった。

 鯉はみすみす料理されるのを待つしかないのか。今季リーグ最多の721得点を叩き出した打撃力に頼ろうにも、序盤から丸が大ブレーキ。そんな白旗寸前の広島に一筋の光がありそうなのだ。ヒントはソフトバンクの達川ヘッドコーチが漏らした言葉にある。

「うちの打線は広島バッテリーによく研究されとるよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  3. 3

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  4. 4

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  5. 5

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  6. 6

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  7. 7

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  8. 8

    南沢奈央と破局…“こじらせ男”オードリー若林に次の春は?

  9. 9

    霞が関の友人が言った「トランプは田中真紀子」の意味深長

  10. 10

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

もっと見る