ドジャース前田健太が高評価 田中・ダル・大谷にないもの

公開日: 更新日:

 30年ぶりの世界一を目指すドジャース投手陣を支えているのが前田健太(30)だ。

 レギュラーシーズン終盤からセットアッパーに配置転換され、ポストシーズンは6試合(計4回3分の1)を6安打2失点。守護神ジャンセンへのつなぎ役を務めている。

 ロバーツ監督は不慣れな中継ぎをこなす前田を「ケンタがいるので、ブルペンの選択肢が増えた」と絶賛。「(中継ぎは)難しい調整を強いられるが、彼の投球を見る限り、心配ない」と、信頼を寄せるのは当然だ。

 何しろ前田はメジャーの過酷な環境下で“故障知らず”。16年に入団してから、太腿や股関節の張りを訴えて故障者リスト(DL)入りしたことはあるが、中4日の短い登板間隔でも、肩や肘を痛めての離脱は一度もない。契約時に受けたメディカルチェックでは、肩、肘に異常が発覚。基本年俸約3億3000万円と買い叩かれたものの、長期離脱することなく、マウンドに立ち続けているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  2. 2

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

  3. 3

    悪徳マルチ元会長逮捕で安倍前首相が国会で“球拾い”する日

  4. 4

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  5. 5

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  6. 6

    宝くじ億万長者の2人…同じ数字の組み合わせを20年間継続

  7. 7

    「集団就職」の真偽を問いただすと口調が興奮気味に一変

  8. 8

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  9. 9

    <前>菅首相も舌を巻く…自分ファースト小池知事の粛清人事

  10. 10

    テレ朝がすがる沢口靖子 米倉失速で“新・ドラマの女王”に

もっと見る