促成横綱の末路…10度目休場の稀勢の里に再燃する引退問題

公開日:  更新日:

「場所前の優勝宣言は横綱という地位が言わせただけ。立場上、そう言わざるを得なかったのでしょうが、今の醜態には相撲ファンもさすがに呆れているのではないか」

 こう語るのは相撲評論家の中澤潔氏だ。3連敗の一人横綱稀勢の里(32)は4日目、前頭2枚目栃煌山(31)と対戦。左をおっつけて土俵際まで追い詰めるも、すくい投げをくらって土俵の外へ。行司軍配差し違えの末、逆転負け、10度目の休場となった。

 横綱が初日から4連敗を喫するのは1931年春場所(宮城山)以来87年ぶり。1場所15日制が定着した49年夏場所以降では初の不名誉な記録だ。生気のない表情からは、「今は何をやっても勝てる気がしない……」という迷いや弱気もうかがえるが、そもそも稀勢の里の横綱昇進には疑問符がついていた。

 2016年11月場所は12勝3敗で優勝次点も、終盤に平幕に敗れ、優勝争いから脱落。翌年の初場所は綱取りがかかっていたわけではなかったはずだが、稀勢の里は2横綱が休場の中、弟弟子の高安の援護にも助けられて上位争いを演じ、世間に「日本人横綱誕生」の機運がグングン高まった。14勝1敗で初優勝が決まると、それまでは綱取りに否定的だった横綱審議委員会の守屋委員長(当時)も「もう(昇進させて)よろしいのではないか。私というより(期待しているのは)国民でしょう」と発言。大関昇進後31場所目で賜杯を抱くのは歴代最も遅い記録であり、しかもこの場所は大関陣も総崩れ。13日目の豪栄道戦も不戦勝だったことから、「時期尚早」との声もあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  9. 9

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  10. 10

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

もっと見る