田口光久
著者のコラム一覧
田口光久サッカー解説者

1955年2月14日生まれ。秋田県出身。秋田商高から三菱(現浦和)入り。76年に日本代表入りを果たし、日本代表Aマッチ59試合に出場。B、Cマッチを含めると161試合で代表守護神として活躍した。現役を引退する84年まで代表主将を務め、引退後は秋田経法大付属高、青森山田高、遊学館高、国際学院高サッカー部監督を歴任した。

197センチの仙台GK シュミット・ダニエルを代表戦で見たい

公開日:

 もう2年も前になるのか……と感慨にふけりつつ、担当者に2016年10月の当コラムのデータを見せてもらった。当時のハリルホジッチ日本代表監督が、GKだけを集めた合宿を行った際に「近代フットボールは身長が190センチ以上ないと良いGKとは言えない」と発言したことに「口を慎んで欲しい」と噛み付いた。

 その時の合宿に参加したGK6人の中で190センチ以上は、当時J2松本のシュミット・ダニエル(197センチ)、当時、鳥栖の林(195センチ)の2人だけ。ハリルのデリカシーに欠けるコメントに「ふざけたことを言うんじゃない!」と不快感を表させてもらった。

 前振りが長くなってしまった――。

 10月24日の天皇杯準々決勝・磐田―仙台戦をテレビ観戦し、仙台シュミット・ダニエルのパフォーマンスに見惚れてしまった。至近距離からのシュート、CKからのヘディングに機敏に反応したと思ったら、ゴール左上隅に飛んだミドルシュートにタイミング良く右手を伸ばし、ゴール枠外にはじき出してみせた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  3. 3

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  4. 4

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  5. 5

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  6. 6

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  7. 7

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  8. 8

    南沢奈央と破局…“こじらせ男”オードリー若林に次の春は?

  9. 9

    霞が関の友人が言った「トランプは田中真紀子」の意味深長

  10. 10

    キンプリ岩橋 パニック障害で離脱の衝撃と女性問題の影響

もっと見る