田口光久
著者のコラム一覧
田口光久サッカー解説者

1955年2月14日生まれ。秋田県出身。秋田商高から三菱(現浦和)入り。76年に日本代表入りを果たし、日本代表Aマッチ59試合に出場。B、Cマッチを含めると161試合で代表守護神として活躍した。現役を引退する84年まで代表主将を務め、引退後は秋田経法大付属高、青森山田高、遊学館高、国際学院高サッカー部監督を歴任した。

197センチの仙台GK シュミット・ダニエルを代表戦で見たい

公開日:

 もう2年も前になるのか……と感慨にふけりつつ、担当者に2016年10月の当コラムのデータを見せてもらった。当時のハリルホジッチ日本代表監督が、GKだけを集めた合宿を行った際に「近代フットボールは身長が190センチ以上ないと良いGKとは言えない」と発言したことに「口を慎んで欲しい」と噛み付いた。

 その時の合宿に参加したGK6人の中で190センチ以上は、当時J2松本のシュミット・ダニエル(197センチ)、当時、鳥栖の林(195センチ)の2人だけ。ハリルのデリカシーに欠けるコメントに「ふざけたことを言うんじゃない!」と不快感を表させてもらった。

 前振りが長くなってしまった――。

 10月24日の天皇杯準々決勝・磐田―仙台戦をテレビ観戦し、仙台シュミット・ダニエルのパフォーマンスに見惚れてしまった。至近距離からのシュート、CKからのヘディングに機敏に反応したと思ったら、ゴール左上隅に飛んだミドルシュートにタイミング良く右手を伸ばし、ゴール枠外にはじき出してみせた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  7. 7

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  8. 8

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  9. 9

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

  10. 10

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

もっと見る