田口光久
著者のコラム一覧
田口光久サッカー解説者

1955年2月14日生まれ。秋田県出身。秋田商高から三菱(現浦和)入り。76年に日本代表入りを果たし、日本代表Aマッチ59試合に出場。B、Cマッチを含めると161試合で代表守護神として活躍した。現役を引退する84年まで代表主将を務め、引退後は秋田経法大付属高、青森山田高、遊学館高、国際学院高サッカー部監督を歴任した。

ウルグアイ撃破 金星獲得の原動力となった「背番号1」東口

公開日:

 10月のキリンチャレンジ杯(12日・パナマ戦と16日・ウルグアイ戦)は「背番号1を背負った」東口順昭に注目した。 

 所属するG大阪では背番号1をつけている東口だが、日本代表では控えに甘んじて背番号は23や12が多かった。15年東アジア杯で背番号1を与えられたが、国内組で臨んだ大会だったので、今キリン杯が実質的に「初めての背番号1」と言っていいだろう。 

 正GKの証しである「背番号1」の東口は、ウルグアイを相手に持ち味の反応スピードの速さで、ナイスセーブが光った。

 日本が先制した後の前半17分、右CKからAマドリードDFゴディンの強烈ヘディングシュートを両手ではじき出し、2―1で迎えた後半開始早々のピンチも、見事なセービングを見せた。

 強豪ウルグアイの“同点弾”を防いだことで試合の流れがウルグアイに傾くことを阻み、4―3の勝利に貢献した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る