来場所に進退かかる稀勢の里 “起死回生”の一手はあるのか

公開日: 更新日:

 本当にもう引退しか残されてないのか。15日に休場を発表した横綱稀勢の里(32)。初日から4連敗では、横綱の威厳も何もない。

「今はしっかり痛めたところ(右ヒザ捻挫)を治してから、考えたいと思います」とは、来場所の進退を問われた本人の弁。師匠の田子ノ浦親方は「このままでは終われない。チャンスをください」と言われたことを明かした。

■白鵬と鶴竜の出場は絶対条件

 では、年明けの1月場所で逆転の一手はあるか。

 ひとつは白鵬、鶴竜が「休場しないこと」だ。今場所、稀勢の里は一人横綱の重圧を初めて味わった。ただでさえプレッシャーに弱いだけに、場所直前に2人が休場したことで責任がその双肩にのしかかってしまったのだ。

 だが、一番の問題は自身のこと。肝心の相撲内容は修正できるのか。ある親方が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!