崖っぷち3連敗 稀勢の里は稽古で手の内さらし八方ふさがり

公開日:  更新日:

 初日から3日続けて転がされた。

 横綱稀勢の里(32)は13日の3日目、北勝富士に敗れ3連敗。いまや「左差しさえ気をつければ勝てる」が共通認識となっている。まわしを取らせまいとする北勝富士に手も足も出ず、張り手、ノド輪といいようにやられ放題。最後はあっけなく突き落とされた。

 場所前は出稽古に精を出すなど、好調をアピール。「目標? 優勝です」と胸を張っていた。

 それがフタを開けてみたらどうだ。2日目に敗れた妙義龍とは7日に三番稽古を行い、13勝2敗。北勝富士とも6日の出稽古では9勝3敗と圧倒していた。

「そもそも、稽古は稽古、本場所は本場所です。出稽古で手の内をすべてさらす力士はいませんよ。不利な場面などを想定して、わざと自分の型を封じて取る場合もある。そこにいくと、稀勢の里は左差し以外の引き出しがない。稽古で勝てば勝つほど、左からの攻めを警戒されてしまう。これまで、頭を使って相撲を取らなかったツケが回ってきている。かといって、今から新しい取り口を覚えられるほど器用でもない。八方ふさがりですよ」(ある親方)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

もっと見る