田中浩康
著者のコラム一覧
田中浩康

1982年、京都生まれの36歳。尽誠学園高(香川)、早大を経て、04年自由獲得枠でヤクルト入団。17年にDeNA移籍し、18年限りで現役引退。プロ通算14年、1292試合出場、1018安打、歴代5位の302犠打をマーク。二塁手としてベストナイン2回(07年、12年)、ゴールデン・グラブ賞1回(12年)。

パットンは僕の名字をイン ザ ライス フィールドと訳した

公開日:

 不思議な感覚でした。前年までプレーしていた神宮で、敵チームであるDeNAの一員としてプレーする。「6番、セカンド、田中浩康」。スタメンがコールされたときのヤクルトファンからの歓声は一生忘れません。

 打席に入る前、かつてイチローさんがマリナーズからヤンキースに移籍した直後にそうしたように、僕もヤクルトファンに一礼したいと思っていたのですが、打席が回ってくるとすっかり忘れていました。周りの声も聞こえません。移籍後初安打を打つことができましたが、喜ぶ余裕すらないくらい必死でした。

 DeNAの野手では、後藤武敏さん(現楽天コーチ)に次いで上から2番目の年齢。10年前、ラミレス監督が若手だった僕にしてくれたように、試合に出ても出なくても、後輩にはなるべく前向きな言葉をかけたい、僕が経験してきたことは何でも伝えたいと思っていました。今年は、監督から「ダッグアウトキャプテン」という肩書ももらい、チームの一助になろうと動いたつもりです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  6. 6

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る