DeNAがオリ西を調査 不利な金銭闘争に“元女房”の切り札が

公開日: 更新日:

「計画的トレード」という話もある。

 今年5月に国内FA権を取得したオリックスの西勇輝(27)。メジャー志向のある右腕はポスティングを利用しての大リーグ挑戦も検討しているというが、国内移籍となれば争奪戦が必至だ。

 手を挙げることが予想されるのはソフトバンク、阪神、DeNAなど。

 マネーゲームとなればDeNAは不利だが、今回は簡単に引き下がれない事情がある。昨季11勝を挙げた今永や2年連続開幕投手を務めた石田が、今季は2人揃って不調の大誤算。来季の先発陣が不安視されているのだ。

 FA補強では辛酸をなめてきたDeNAにも有利な“切り札”がある。今年7月にトレードで獲得した伊藤光(29)だ。

 2011年からバッテリーを組んだ西を2ケタ勝利に導き、翌12年には2人でノーヒットノーランを達成。伊藤に対する西の信頼は絶大で、伊藤がトレードされた際はブログで「失敗したときは一緒に監督室とかに呼ばれて、僕の責任も全てかばってくれて、尚且つ、次のピッチングに影響ないようにフォローも完璧」とつづっていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  7. 7

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

  8. 8

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  9. 9

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  10. 10

    ロシア紙さえも“詭弁”と評したプーチン大統領の特異解釈

もっと見る