田中浩康
著者のコラム一覧
田中浩康

1982年、京都生まれの36歳。尽誠学園高(香川)、早大を経て、04年自由獲得枠でヤクルト入団。17年にDeNA移籍し、18年限りで現役引退。プロ通算14年、1292試合出場、1018安打、歴代5位の302犠打をマーク。二塁手としてベストナイン2回(07年、12年)、ゴールデン・グラブ賞1回(12年)。

まさに自由自在 青木宣親さんが明かした「打撃の真髄」

公開日:

 青木宣親さんは、大学の1年先輩で、ヤクルト時代に一緒にプレーしました。年が近いこともあり、何度も食事に連れて行ってもらうなど、本当にお世話になっています。

 青木さんはアストロズ時代の2017年に、史上7人目となる日米通算2000安打を達成しました。その際、プロ初安打を思い出し、「あの時より今の方が、野球に対する情熱があると感じる」とコメントしていました。

 今年からヤクルトに復帰。反対側のベンチから見ていて、仲間を鼓舞するなど、チームを引っ張ろうとする先輩の姿が印象的でした。ヤクルトのベンチの雰囲気がガラリと変わったと感じていました。僕らも負けてはいられないと思ったものです。

 後輩の僕が言うのもおこがましいですが、青木さんは野球人として日々、進化していると感じます。たとえるなら、「野球の科学者」です。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る