田中浩康
著者のコラム一覧
田中浩康

1982年、京都生まれの36歳。尽誠学園高(香川)、早大を経て、04年自由獲得枠でヤクルト入団。17年にDeNA移籍し、18年限りで現役引退。プロ通算14年、1292試合出場、1018安打、歴代5位の302犠打をマーク。二塁手としてベストナイン2回(07年、12年)、ゴールデン・グラブ賞1回(12年)。

僕が救われたラミレスさんの口グセ “Today is a new day”

公開日:

 DeNAのラミレス監督はよく、「Today is a new day」という言葉を使っていました。1日ごとに新鮮な気持ちで臨み、プレーに全力を尽くす、という思いが込められたこの言葉、10年ほど前にも聞いたことがあります。

 プロ3年目の2007年。僕は開幕直後に全く打てない時期が続きました。4月5日の試合の第1打席で安打を放ってから、11試合連続無安打。そして21日の中日戦でついに打率が1割を切ります。

 スコアボードの.095という数字に愕然としました。二度と打てないのではないか……。長いトンネルの出口は見えませんでした。

 翌22日、クラブハウスに到着すると、ヤクルトでチームメートだったラミレスさんから声をかけられました。わざわざ僕のために、部屋まで押さえてくれていました。そして、通訳さんを交えながら、こんな話をしてくれたのです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る