大補強で若手軽視 巨人の1年生が炭谷の人的補償で狙われる

公開日:

 巨人が7日、このオフにFAで獲得した炭谷銀仁朗(31)の古巣・西武に、人的補償の対象外となる28選手のプロテクトリストを提出した。

 捕手の炭谷と内野手の浅村がFAで流出した西武の今季のチーム防御率は4.24で、リーグワースト。さらに、エース菊池がポスティングでメジャー移籍するため、投手陣の整備が急務だ。

 プロテクトリストからは、実績のあるベテランの大竹(35)、先日の契約更改交渉でブルペンの惨状を訴えた中堅の田原(29)、若手ではドラフト1位入団で3年目の桜井(25)、2年目左腕の池田(26)あたりが外されているとみられる。

 かつて巨人のリストを見たことがあるパ球団の編成担当者が声を潜めてこう言った。

「原巨人のリストはいたってオーソドックス。取られないことを想定して、年俸が億単位のベテラン選手をあえて外すなんて報道に出たりしたけど、実際は何もサプライズはなく、年齢と実績順に上からプロテクトしていた印象。その分、若手が守られていなかった。せめて1年目を終えたばかりの新人はリストに入れるものですが、巨人はベテランを手厚く守り、若手に関しては流出やむなし、という感じでした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  8. 8

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  9. 9

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  10. 10

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

もっと見る