右SB室屋が攻めでアピール 森保J控え組で生き残るのは誰だ

公開日:

 世界ランク50位の森保日本が20日、同90位のキルギスと対戦した。森保監督は、格下相手の試合で「多くの選手を見てみたい」との言葉通り、16日のベネズエラ戦からスタメンを総取り換え。代表デビューを飾った横浜Mの左SB山中をはじめフレッシュなメンバーがスタメンに名を連ねた。

 開始早々、その山中の“代表初試合ファーストタッチシュート”で先制した日本は、2―0で折り返した後半途中から登場したFW大迫、MF堂安、MF柴崎、DF吉田、MF中島、MF南野といった欧州組が格の違いを見せつけ、キルギスを4―0で圧倒した。

 そんな試合でフル出場し、存在感をアピールしたのが、代表4試合目となったFC東京の右SB室屋成(24)である。

「彼の持ち味は、タイミングをきっちりと見定めた上での積極的な攻撃参加。キルギスと実力差があったとはいえ、相手DFラインの裏に飛び出すプレーなど攻守に充実したプレーを見せました。主軸組とのマッチングの良さも見逃せない。森保ジャパンで売り出し中の堂安は、ドリブルで中央に切れ込んでいくのが得意。その堂安がカットインして<生まれた右サイドのスペース>を室屋は効果的に突くプレーをこなせる。この日はボランチMFの三竿、守田、右MF伊東とのコンビネーションの良さも光った。右サイドを活性化した室屋は、日本の貴重な武器として期待できます」(サッカーダイジェスト元編集長の六川亨氏)

 ビックリするほど弱かったキルギス。それでも試合後、森保監督は「点差が開いてもチャレンジしてくれた。選手の成長につながった」とコメントした。年明け1月に控えているアジアカップに向け、それなりに手応えアリということか――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  5. 5

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る