右SB室屋が攻めでアピール 森保J控え組で生き残るのは誰だ

公開日: 更新日:

 世界ランク50位の森保日本が20日、同90位のキルギスと対戦した。森保監督は、格下相手の試合で「多くの選手を見てみたい」との言葉通り、16日のベネズエラ戦からスタメンを総取り換え。代表デビューを飾った横浜Mの左SB山中をはじめフレッシュなメンバーがスタメンに名を連ねた。

 開始早々、その山中の“代表初試合ファーストタッチシュート”で先制した日本は、2―0で折り返した後半途中から登場したFW大迫、MF堂安、MF柴崎、DF吉田、MF中島、MF南野といった欧州組が格の違いを見せつけ、キルギスを4―0で圧倒した。

 そんな試合でフル出場し、存在感をアピールしたのが、代表4試合目となったFC東京の右SB室屋成(24)である。

「彼の持ち味は、タイミングをきっちりと見定めた上での積極的な攻撃参加。キルギスと実力差があったとはいえ、相手DFラインの裏に飛び出すプレーなど攻守に充実したプレーを見せました。主軸組とのマッチングの良さも見逃せない。森保ジャパンで売り出し中の堂安は、ドリブルで中央に切れ込んでいくのが得意。その堂安がカットインして<生まれた右サイドのスペース>を室屋は効果的に突くプレーをこなせる。この日はボランチMFの三竿、守田、右MF伊東とのコンビネーションの良さも光った。右サイドを活性化した室屋は、日本の貴重な武器として期待できます」(サッカーダイジェスト元編集長の六川亨氏)

 ビックリするほど弱かったキルギス。それでも試合後、森保監督は「点差が開いてもチャレンジしてくれた。選手の成長につながった」とコメントした。年明け1月に控えているアジアカップに向け、それなりに手応えアリということか――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  2. 2

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  5. 5

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  6. 6

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  7. 7

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

  8. 8

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

  9. 9

    女子高生のスカート丈は景気とリンク 令和は長いor短い?

  10. 10

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

もっと見る