雄星メジャー“最後の壁” 球団ドクター難癖で買い叩き懸念

公開日:  更新日:

 ポスティングシステムによるメジャー移籍を目指す菊池雄星(27)が16日、渡米した。

 代理人のスコット・ボラス氏はすでに獲得を目指す球団のGMらと接触。菊池は今後、そのボラス氏と意見を擦り合わせたのち、各球団のGMらと面談するとみられる。米東部時間の来年1月2日(日本時間同3日午前7時)に締め切られる菊池争奪戦は、いよいよヒートアップしそうな気配だ。

 複数の米メディアの見立てでは、総額50億~60億円規模の契約になるらしいが、仮に交渉期限内に合意に達しても、安心はできない。争奪戦によって総額が膨れ上がるようなら、獲得球団は菊池の健康状態に細心の注意を払うからだ。正式契約を交わすのは、菊池のメディカルチェックを入念に行い、チームドクターの最終的な診断を待ってからになる。

 菊池は11月に渡米した際、ロサンゼルス市内の病院で健康診断を済ませたといわれる。この時、仮に異常が見つからなかったとしても、最終的なメディカルチェックで球団お抱えのチームドクターによって難癖を付けられる可能性も皆無ではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  2. 2

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  3. 3

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  4. 4

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  5. 5

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

  6. 6

    広島移籍の長野が本音を吐露「新井さんの代わり荷が重い」

  7. 7

    メディアは国のトップ発言の垂れ流しを終わりにするべき

  8. 8

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  9. 9

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  10. 10

    鈴木誠也の2位指名は“凡打ばかりのプレゼン”も一役買った

もっと見る