FA浅村に続き西も ソフトB「連敗」の裏に細かすぎる査定

公開日:

 あの金満球団が連敗しそうだ。オリックスからFA権を行使した西勇輝(28)が阪神移籍を決意したという。今季1億2000万円の年俸に対し、オリックスは4年10億円、ソフトバンクと阪神は4年総額16億円前後を用意。西の獲得に失敗すれば、楽天を選んだ西武の浅村に続く「失恋」となる。

 ソフトバンクといえば、12球団随一の金満球団。後藤球団社長は「(選手の)獲得予算はつくるべきじゃない。青天井でいい」が口癖で、浅村への提示も4年28億円前後と破格だった。それでも、4年20億円前後の楽天に敗戦。なぜなのか。

「ソフトバンクは、どこよりも実力主義の球団。FA交渉中に挙がる数字は華々しくべラボーな金額ですが、そこには必ず『総額』や『変動制』の注釈がつくそうです。いざ交渉で契約内容を聞いたら、ベースが意外と低いなんてことはよくあるが、一方で出来高は選手のモチベーションのひとつにはなる。それでも、最近は安定志向が強く、契約年数やベースを重視する選手も増えてきた。外資系企業では当たり前の成果主義は、今の選手にはシビアに映るかもしれません」(球界関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る