中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

公開日:

 事実上の強奪といっていい。

 阪神が元中日の助っ人左腕のオネルキ・ガルシア(29)を獲得することが確実になった。条件は大筋で合意しており、中日が残留交渉で提示していた2年4億円を上回る複数年契約を提示しているとみられる。

 キューバ出身のガルシアは来日1年目の今季、13勝9敗、防御率2.99と活躍。先発左腕が補強ポイントだった阪神が調査を進めていた。

 だが、このガルシア、「元中日」というところがミソだ。

 中日では前監督の森繁和SDがうまく操縦していた。開幕前にフォームにメスを入れ、シーズン中も投球練習などで積極的にコミュニケーションを図った。同じキューバ出身のリナレスコーチのサポートもあったし、ビシエド、アルモンテという中南米出身のチームメートが多いことも好影響だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  8. 8

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  9. 9

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  10. 10

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

もっと見る