巨人クローザー有力候補 “155キロ豪腕”クックのアキレス腱

公開日:

 これがラスト補強か。

 15日、巨人が来季の獲得調査に乗り出している新外国人投手が明らかになった。マリナーズからFAとなっているライアン・クック(31)だ。

 今季はマリナーズで19試合に登板。2勝1敗5ホールド、防御率5.29だった。最速155キロの剛腕で、スライダー、チェンジアップ、ツーシームなど多彩な変化球を操る。

 メジャー2年目の2012年は、アスレチックスで一時は抑えを務めるなど71試合で6勝2敗14セーブ、防御率2.09の好成績を残し、球宴にも出場した。しかし、14年以降は故障に悩まされた。16年春に広背筋を痛め、同年10月には右肘のトミー・ジョン手術を受けた。この影響で16、17年はメジャー登板がなかった。

 米代理人関係者がこう明かす。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

もっと見る