大谷“二刀流優先ローテ”が妨げ エ軍先発補強が進まぬ理由

公開日:

 今オフのFA、トレード市場で、動きが鈍いのが大谷翔平(24)のいるエンゼルスだ。

 ここまでの補強らしい補強といえば、フィリーズからFAになったジャスティン・ボーア内野手を獲得したぐらい。今季のエンゼルスは、先発投手に故障者が続出。現状、来季の開幕に間に合うのは左腕スキャッグスら3人のみ。先発投手の補強は最優先事項ながら、後手に回っているのだ。

■ベテラン左腕の獲得に失敗

 17日付の地元紙「オレンジ・カウンティ・レジスター」(電子版)によれば、ベテラン左腕J・A・ハップ(36=ヤンキースからFA)にオファーしたものの、ヤ軍との争奪戦に敗れたという。

 エンゼルスはヤンキースやドジャースほどではないにしろ、資金力はある。FAの目玉投手を獲得するのは決して不可能ではない。それでも、後手を踏んでいるのは、二刀流大谷の存在も原因のひとつだという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  10. 10

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

もっと見る