日ハム吉田激白 ドラフト当日の焦りとプロ入り決断の真相

公開日: 更新日:

ドラフト1位を目指してたのに、もしかしたら1位じゃないのかな……と。ファイターズに名前を呼ばれて、すごくうれしかったんですけど、焦っていました(苦笑い)。『(両親や恩師に)上位で行くために、プロへ行かせてください』って言ってたのに、これ、もう、取り返しがつかないな……って思いそうになりました」

 日本ハムにドラフト1位指名された吉田輝星(金足農)が苦笑交じりでドラフト当日の心境を振り返った。

 金足農には多くの報道陣が集まり、指名の瞬間を待った。1巡目の入札はなく、外れ1位でようやく日本ハムが単独指名した。

 昨夏の甲子園。強豪校を次々となぎ倒して準優勝。「金足農旋風」の立役者となった。八戸学院大への進学が既定路線だった中で、なぜ自分の意思を貫き、プロ入りを決断したのか。その理由をたずねると、こう続けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    「ボス恋」上白石萌音“高視聴率ヒロイン”定着に必要なこと

  4. 4

    「トゥナイト」で人気の高尾晶子さんはボートレースの顔に

  5. 5

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  6. 6

    「ボス恋」成功は上白石萌音の魅力を最大限に生かしたこと

  7. 7

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  8. 8

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  9. 9

    桑田補佐と菅野がベッタリ 絶対エースの傾倒に周囲は不安

  10. 10

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

もっと見る