雄星2年目以降に照準 ディポトGM“4年62億円”の投資センス

公開日: 更新日:

「我々は若手が成長するであろう2020年に照準を合わせている」

 このオフ、エースのパクストン(30)、抑えのディアズ(24)、正捕手のズニーノ(27)、中軸を打つカノー(36)らの主力を片っ端からトレードで放出したディポトGMはこう言っている。

 代わりに、他球団から獲得した若手有望株が結果を出すであろう20年以降が勝負で、ディポトGMは、27歳の菊池雄星も、若手有望株の中のひとりとして位置付けているという。

 マリナーズは、イチローの1年目である01年以来、17年間、地区優勝どころか、プレーオフにすら出ていない。それだけに、ディポトGMはチームをいったん解体、新たにゼロから構築し直すつもりなのだ。

「ディポトGMが評価しているのは、左腕から150キロ台後半の速球を繰り出す菊池のポテンシャルの高さです。制球に難があるし、好不調の波が大きいことを含めてまだまだ成長途上の投手だと判断しています。なので、1年目から大車輪の活躍を求めているわけではない。徐々にメジャーの環境に適応しながら、2年目以降に投手として完成すればよいと考えている」(西海岸の代理人関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  5. 5

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  6. 6

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  7. 7

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  8. 8

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

  9. 9

    菅田将暉「3年A組」好調の深い意味…日テレの新看板枠に

  10. 10

    日テレが大博打 原田知世&田中圭で“2クール連続ドラマ”

もっと見る