巨人ドラ1高橋に“ヒサノリ2世”の評価 名字含め6つの共通点

公開日:

 巨人の新人8選手が昨9日、川崎市のジャイアンツ球場で新人合同自主トレに参加した。冒頭、原辰徳監督(60)がドラフト1位の高橋優貴(21=八戸学院大)らに「野球選手になったからには野球博士になろう」と訓示。その後、「野球のルールを含め、技術の話、トレーニング、栄養……。野球を職業にしたわけだから野球博士にならないと」と説明した。高橋は「1年間ケガをせずにルーキーとして一番の成績を残して新人王を取りたい」と緊張した面持ちで初日を振り返った。

 甲子園出場経験などはなく、中央球界ではほぼ無名。巨人のドラフト1位にしては、注目度、知名度は高くない。同日に自主トレが始まった日本ハムの吉田と比べても、その差は明らかだ。それでも視察した一軍の宮本投手総合コーチは「意外にストレートで空振りが取れる。ドラ1だし、三振を取れる力を持っているはず。キャッチボールを見て? しっかり練習をやってきたなと。2段モーション気味? 軸足に体重を乗っけてキャッチボールができていた。意識が高いね。野球観を持っていると感じた」とハイテンション。「178センチだっけ? 背はあまり高くないけど、先発ローテを任せたいというのはある。OBの高橋尚成タイプ? 映像で見たところ、そうだね。尚成タイプ(身長178センチ)。右(打者)へのスクリューボールがいい。空振りが取れる投手」と先輩の「高橋」とダブらせた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る