日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

公開日:

 2001年1月12日、吉田家の長男として、3485グラムの大きな男の子が生まれた。父の正樹さん(43)はまるで猿のようだと思った。

 母のまゆみさん(41)と話し合って、名前は「こうせい」に決めた。

 きっかけは、その半年前にあった。00年夏、シドニー五輪で柔道男子100キロ級の井上康生(現・柔道男子日本代表監督)が金メダルを獲得し、母の遺影を手に表彰台に上がった。正樹さんは、井上のひたむきな柔道と人柄にひかれた。星のように輝いてほしいとの願いを込め、漢字は「輝星」とした。

 正樹さんは金足農で投手だった。輝星にも野球をやってほしいと思った。生後まもなく、遊び道具として軟らかいゴムボールを与えた。正樹さんが所属する草野球チームの試合にも連れていった。輝星は幼い頃から、野球が身近にあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  3. 3

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  4. 4

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  5. 5

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  6. 6

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  7. 7

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  8. 8

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  9. 9

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  10. 10

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

もっと見る