貴景勝は勝ち越しも…大関昇進は“稀勢の里ケース”が障害に

公開日: 更新日:

 大関昇進を狙う貴景勝(22)が23日、埼玉栄高の先輩・北勝富士を撃破。両者一歩も譲らない壮絶なぶつかり合いを制した。これで8勝3敗。直近2場所で22勝しており、大関昇進の基準となる「三役で3場所33勝」にぐっと近づいた。

 しかし、角界はなぜか消極ムードだ。例えば、阿武松審判部長(元関脇益荒雄)は先場所後、「可能性はゼロではないが」と前置きしつつ、こう話していた。

「(大関とりは)基本的に10番(10勝)が始まり。来場所、相当なことがない限り、大関とりはないでしょう」

 貴景勝は先場所、13勝で自身初Vを飾ったとはいえ、その前の昨年9月場所は9勝止まり。今場所はそもそも、“大関とりのかかった場所ではない”というのが審判部の基本的な認識なのだ。

 昨年、大関昇進を狙った御嶽海に対しても同様だった。昨年7月場所で優勝、5月場所と合わせて22勝としながら、翌9月場所では「内容が大きく加味される」(同審判部長)と条件を付けられた(結果は9勝で失敗)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  5. 5

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  6. 6

    女子高生のスカート丈は景気とリンク 令和は長いor短い?

  7. 7

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  8. 8

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  9. 9

    モデルMALIA.はバツ4に…結婚・離婚を繰り返す人の共通項

  10. 10

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

もっと見る