今度は貴ノ岩が付け人殴打 旧貴乃花部屋は暴行力士の巣窟

公開日:

 つい10日ほど前は貴景勝の優勝に沸いた千賀ノ浦部屋が、一転、お通夜さながらの雰囲気に包まれた。夜にもかかわらず、50人ほどの報道陣が部屋の前に押し寄せて、中の様子をうかがっていた。

 5日に相撲協会が発表した貴ノ岩(28)の暴力事件。冬巡業が行われている4日夜、付け人が忘れ物の言い訳をしたことに腹を立て、平手と拳で顔面を4、5発殴ったという。翌朝、付け人が巡業に参加せず、顔を腫らしていたことまで発覚して貴ノ岩の暴行が露見した。

 本人はすでに帰京。鏡山危機管理部長(元関脇多賀竜)の事情聴取に事実関係を認め、謝罪もしたという。

■後輩をエアガンで

 貴ノ岩は昨年の秋巡業中に起きた日馬富士暴行事件の被害者だ。当時は世間の同情を集めたものの、約1年後には百八十度立場が変わった。しかし、日ごろの言動をみれば、加害者になるのはむしろ必然だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る