来場者も過去最高に “野茂パワー”に中日全体が感謝感激

公開日: 更新日:

 効果は絶大だ。

 3日、前日に続いてキャンプ地を訪れた野茂英雄氏(50)。二軍球場で「NOMOジャパン」の教え子、根尾昂(大阪桐蔭)との再会を果たすと、一軍のキャンプ地へ移動し、実戦形式の練習を視察。与田監督(53)に「(選手の)仕上がりが早いね」と話したという。

 野茂氏が“臨時コーチ”に就任したのは同期の縁。与田監督とは同じ1989年のドラフト1位でプロ入りした。キャンプでの指導をお願いすると、先月電話で「沖縄へ行く」と快諾してくれたそうだ。

■「とんでもない人に教わった」

 それにしても、メジャーで一大旋風を巻き起こしたトルネード右腕の登場に、選手やコーチ陣の感動はハンパじゃない。前日にフォークを教わり、メジャー志向を秘める鈴木博志(21)は「とんでもない人に教わったんだという感じ。向こうから話しかけてくれるなんて」と言えば、一軍に帯同していた門倉二軍投手コーチも「昨日(1日)のコーチ会議で与田監督から『今日(2日)から(野茂が)来る』と聞いた時、思わず『写真を撮りたい』と言いそうになった。誰が教えるより説得力があると思う。選手は(助言を)一言一句聞き逃しちゃいけない」と、まるでファンそのもの。友利結国際渉外担当も「僕ら(OBやコーチ)が『10』教えるよりも彼の言ったひと言が大きな影響を及ぼす。彼は伝説の人だから」と話した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  2. 2

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  3. 3

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  4. 4

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  5. 5

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  6. 6

    枯れるには全然早い…70歳から人生を楽しく過ごせる理由

  7. 7

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  8. 8

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

  9. 9

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  10. 10

    男女の意識差は歴然…シニアは“プチ別居”婚がうまくいく

もっと見る