「汗が出て目覚める」中日与田監督“初体験”ゆえの不安吐露

公開日: 更新日:

 体がもつか。

 31日、中日がキャンプ前日の全体ミーティングを行った。今季から指揮を執る与田剛新監督(53)は会議を終え、「喜びと緊張感がある」と心境を語った。

 ミーティングは1時間15分にわたる長丁場。某スタッフによれば、「いつもは30~40分で終わる。監督が新しくなったから長くなったんだと思う」と、例年の倍以上となった。指揮官として初めて訓示を述べた与田監督は「(選手たちは)話が長えなという感じだったと思うけど、全員とは今日しか話ができないので、ちょっと我慢してもらった」と説明。一方で、これから待ち受ける数々の「初体験」に不安を隠せない。

「去年までは(楽天の)投手コーチだったのが、今年は監督なので、当然、全体を見ないといけない。毎日緊張しています。これは今年だけに限らず去年もそうでしたけど、去年からずっとシーズンのことを考えていて、1戦目(3月29日の開幕戦)の横浜戦はどうなんだろう、レギュラーはどうなるんだろう、1番は誰が打つんだろうと考えていると、汗が出てきて目が覚めて1時間、2時間起きていることもあるし、シミュレーションは、やればやるほど緊張感が出てくる」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  2. 2

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  3. 3

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  4. 4

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  5. 5

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  6. 6

    枯れるには全然早い…70歳から人生を楽しく過ごせる理由

  7. 7

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  8. 8

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

  9. 9

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  10. 10

    男女の意識差は歴然…シニアは“プチ別居”婚がうまくいく

もっと見る