3A転倒でSP5位発進…紀平梨花の母親が語る「愛用靴」秘話

公開日: 更新日:

 こだわりが爆発した。21日に開幕した全日本フィギュアで、女子ショート(SP)に登場した紀平梨花(16)は冒頭のトリプルアクセルで転倒。68.75点で5位と厳しいスタートとなった。

 失敗の原因に挙げたのは、かねて懸念材料だったスケート靴。公式練習や演技直前の6分間練習では、何度も足首部分にテープを巻いたり外したりを繰り返していた。

「6分間練習でも(テープを)キツく巻いて、中に入れたジェルのようなスポンジが上にあがってきて、すごく軟らかくなってしまった。スポンジが上に来ないようだいぶ下に入れて靴を履いてすごい(キツく)締めたんですけど、(逆に)硬くなりすぎてしまった」

 靴の突貫工事を迫られた原因は、今秋に発注した新しい靴にあった。紀平は愛用してきたものと同じ業者、サイズ、種類を2足オーダーしていたが、どちらも「シンデレラフィット」とはいかなかった。今年9月、やむなく、以前使っていた「先代」を引っ張り出したのだ。

 母の実香さんが言う。


「(オーダーしたものは)2足とも大きかったんです。いつも(靴1足につき)3カ月もたない感じで、その靴はもう2カ月履いていたんです。全日本まではもたないと思っていたんですけど、靴が合わないとエッジも合わせられない。NHK杯(11月)も始まっちゃうし、もうダメだと。サブの靴は今もあるんだけど、おろした靴は最低2週間は馴染ませないといけない。馴染ませている間は練習ができないのです。(出場大会の間隔が)1週間くらいしかないから使えなくて」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

  2. 2
    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

  3. 3
    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

  4. 4
    魅惑のEカップ・田中みな実がまんまる“美バスト”をまたまた披露!

    魅惑のEカップ・田中みな実がまんまる“美バスト”をまたまた披露!

  5. 5
    今夏は「逆さビキニ」が再流行?仏ファッション誌も太鼓判

    今夏は「逆さビキニ」が再流行?仏ファッション誌も太鼓判

  1. 6
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  2. 7
    新庄監督のトライアウトで日本ハム選手“ガス欠”…交流戦以降わずか1勝8敗のドロ沼

    新庄監督のトライアウトで日本ハム選手“ガス欠”…交流戦以降わずか1勝8敗のドロ沼

  3. 8
    歩りえこ40歳がヌード写真集に挑戦!「痩せにくくなって、夜はゆでたまご3個だけ」

    歩りえこ40歳がヌード写真集に挑戦!「痩せにくくなって、夜はゆでたまご3個だけ」

  4. 9
    シーズン初勝利の試合直後、投手コーチに言った「肘が痛くて…もう投げられません」

    シーズン初勝利の試合直後、投手コーチに言った「肘が痛くて…もう投げられません」

  5. 10
    生稲晃子氏が候補者アンケートにまさかの「無回答」連発! 何がやりたくて国政を志すのか

    生稲晃子氏が候補者アンケートにまさかの「無回答」連発! 何がやりたくて国政を志すのか